スポンサード・リンク

(#^.^#)グルカゴンの話


(@_@;)題名:グルカゴンの話

アミノ酸29個のポリペプチドである。

グルカゴンの分泌は低血糖により促進され、高血糖により抑制される。

遊離脂肪酸によっても抑制され、アルギニンなどのアミノ酸によって刺激される。

体液性因子としては、血中グルコース上昇により分泌されるインスリンがグルカゴン分泌を抑制する。

ソマトスタチン、セクレチンもグルカゴン分泌を抑制し、反対に成長ホルモン、サイロキシン、糖質コルチコイド、コレシストキニン、ガストリンは刺激する。

グルカゴンの生理作用:グルカゴンは膵臓のランゲルハンス島から分泌され、貯蔵燃料を動員する異化ホルモンである。

肝のグリコーゲン分解、アミノ酸からの糖新生を促進することにより血糖値を上昇させる。

また膵B細胞のインスリン分泌、D細胞のソマトスタチン分泌、下垂体前葉の成長ホルモン分泌を刺激する。

 

グルカゴンが減少する疾患

自発性低血糖症、糖尿病(不安定型)、慢性膵炎(重症型)、膵全摘 など

グルカゴンが上昇する疾患

クッシング症候群、グルカゴン産生腫瘍(膵A細胞腫)、胃切除後、肝硬変、急性心筋梗塞、急性膵炎、腎不全、糖尿病(ケトーシスを伴うとき著しく高値) など

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.グルカゴン


スポンサード・リンク