スポンサード・リンク

(ノ´∀`*)関節と特徴の話


「関節と特徴」の画像検索結果

・関節の構

関節は可動性によって、可動関節と不動関節の2つに分類される。

 

・可動関節

可動性がある関節で、ほとんどの関節がこれに相当する。相対する関節面は硝子軟骨で覆われ、関節包とよばれる線維性の袋に包まれる。関節包内には関節腔とよばれる空間があり、関節包の内面は滑膜によって覆われ、関節腔は滑液で満たされている。これらは滑膜関節ともよばれる。その形態によって、いくつかの種類に分けられる。

 

・線維軟骨結合

線組軟骨と結合組織によってつくられる連結である。例えば恥骨結合として2つの恥骨の間にある結合がこれである。両側の寛骨は硝子軟骨でおおわれた線維軟骨性の恥骨円板でもって、恥骨結合をつくり互いに連結している。

 

・骨性の連結、骨結合

骨結合はどんな結合よりも強固な結合であって、例えば成長終了後の寛骨の各部、または長骨の骨端と骨幹を結合している。

 

・非連続的な骨の連結

滑膜性の連結であり、いわゆる関節である。関節は次のものから構成されている。関節面、関節体、関節包および関節体の間にある関節腔。さらに必要に応じて特殊装置(補強靭帯、関節円板、関節唇、および滑液包)も見られる。

 

・関節体と関節面

関節は少なくとも2つの関節体からなっている。この関節体は多くの場合硝子軟骨でおおわれているが、例外的には線維軟骨または線維軟骨の介在した結合組織でおおわれていることがある。この関節軟骨は骨と密接にかみ合わさっており、その表面は平滑で光沢がある。

 

・関節包(関節嚢)

関節包は緊張または弛緩することができ、関節体の軟骨におおわれた面の近くに固着している。関節包は内側の滑膜と外側の線維膜の2層からなる。滑膜は表層の滑膜細胞と、弾性線維、血管および神経が含まれる固有層とがらなる。血管の豊富なことは関節の活動と直接関連があり、したがって活動の盛んな関節はあまり活動しない関節よりも概して血管に富んでいる。

 

・関節腔

関節腔は裂隙状の毛細腔であって、その中には滑液が含まれている。滑液は潤滑作用のほか軟骨を栄養する働きをもっている。その粘度はヒアルロン酸の含量によるものであって、温度依存性がある。すなわち温度が低いほど、滑液は粘稿となる。

 

特殊装置

・靭帯

その機能に従って靭帯は補強靭帯(関節包のための)、指示靭帯(運動時の)または抑制靭帯(運動制限)などと呼ばれる。存在する位置によって関節包外、関節包および関節包内靭帯と表現することもある。

・関節円板または関節半月

膠原線維の多い線維軟骨性の結合組織からなっている。円板は関節腔を完全に、半月はそれを不完全に分けている。円板および半月は誘導機能をもち、関節面の接触を良くし、場合によっては、顎関節または胸鎖関節などにみられるように、完全に分かれた2つの関節腔をつくりだすことさえある。

関節円板→顎関節、胸鎖関節、肩鎖関節(不完全)、下僥尺関節にある。

関節半月→膝関節にある。

関節円板や関節半月の役割‥・関節面への圧迫力に対する緩衝作用、関節面の適合性を良好にする。

関節の可動性を適正化する、滑液の分散作用などである。

 

・関節唇

関節唇は軟骨細胞の散在する膠原線維性結合組織からなっており、関節面を拡大する。

関節唇→肩関節、股関節にある。

 

・滑液包および滑液鞘

これらは関節腔と交通している。滑膜に内張りされた壁の薄い大小の袋としてみられ、関節の弱い部分であるが、関節腔を拡大している。

「関節と特徴」の画像検索結果


スポンサード・リンク