スポンサード・リンク

(*ノ▽ノ)日本脳炎と予防接種の話


(^_-)題名:日本脳炎と予防接種の話

日本脳炎とは、コガタアカイエカという蚊が持っているウイルスに人が伝染することで発病する伝染病です。

日本脳炎による致死率は高く、患者の3分の1が死亡3分の1が後遺症、3分の1が完全に治ると昔から言われています。

コダカアカイエカに刺されて日本脳炎を発病する割合は数百~数千人に1人の確率です。

そのためコダカアカイエカに刺されても、発病しないようにするには日本脳炎の予防接種が必要です。

 

日本脳炎の予防接種は通常3歳~15歳までの間に行います。

日本脳炎の予防接種の回数は数回行われ、初回の予防接種をして1~2週間後にもう一度予防接種を行います。

そして、1年経過してからもう一度追加接種として行います。

日本脳炎のワクチン効果ですが、長続きしないため3、4年に1回の追加接種をすることで維持できると言われています。

 

日本脳炎の予防接種による小児の副反応

日本脳炎のワクチンはウイルスを殺した不活性化ワクチンであるため、副反応の心配はほとんどありません。

副反応には、発赤、腫れ、発熱、頭痛、倦怠感などで2日前後で治る軽度なものです。

(^0_0^)参考文献

医療学習レポート.日本脳炎と予防接


スポンサード・リンク