スポンサード・リンク

(ノ_・,)テング熱の話


(・.・;))題名:テング熱の話

このウイルスには4つの異なる型があり、ある型に感染すると、通常その型に対する終生免疫を獲得するが、他の型に対する免疫は短期間にとどまる。

また、異なる型に続けて感染すると、重度の合併症のリスクが高まる。

通常、人間同士の直接感染は起こらない。

ただし、輸血、血液製剤、臓器移植は例外である。

デングウイルスに感染しても8割は無症状であり、それ以外も軽度の症状、例えば合併症を伴わない発熱症状が現れるだけがほとんどである。

しかし、5%の感染者では重症にまで発展し、さらにごく一部では生命を脅かすこともある。

潜伏期間(感染してから症状が出るまでの期間)は3日から14日であるが、ほとんどの場合は4日から7日である。

このため、デング熱の流行地域から戻ってきた旅行者が、帰宅してから14日以上経った後で、発熱やその他の症状が出始めた場合、デング熱である可能性は極めて低い。

子供の場合、風邪や胃腸炎(嘔吐や下痢)とよく 似た症状がたびたび現れ、症状は一般的に大人よりも軽いが、その一方で重度の合併症に陥りやすい。

テング病の勉強になりましたね。

(#^.^#)参考文献

医療学習レポート.テング熱


スポンサード・リンク