スポンサード・リンク

(ノ_<。)悪性リンパ腫の話


「悪性リンパ腫」の画像検索結果

( `ー´)ノ題名:悪性リンパ腫の話

 リンパ節ないしリンパ組織をもつ臓器に発生する非上皮性悪性腫瘍である。生物学的特性からホジキン病(HD)と非ホジキンリンパ腫(NHL)に大別され、日本ではNHLが90%以上を占め予後も悪い。HDは1つのリンパ節領域に始まり、リンパ節に沿って順序よく規則的に拡大する。NHLは節外リンパ腫として発症するものが多く、消化管が後発部位であり、胃が最も多い。

NHL:病理所見

 濾胞性リンパ腫  B細胞に由来し、予後は比較的良い

 び慢性リンパ腫

 T細胞に由来し、予後は悪い

病期はⅠ期からⅣ期に分類される

病態アセスメント

 我が国では、NHLがHDに比較して多く、全悪性リンパ腫症の死亡率は、人口10万人当たり1.2~2人で、造血臓器の悪性腫瘍による死亡率の約半数を占める。各病期によって治療が選択される。頸部その他のリンパ節に弾性で硬く無痛性の腫大を認めたら悪性リンパ腫を疑う。リンパ節などの血液学的穿刺細胞診検査を至急行い、その結果によって病理組織学的検査で各種マーカーの検索を行う。

症状

 リンパ節腫大

頸部、鼠径部、腋下部、扁偏桃腺などに初発症状が多い。

 肝、脾腫

進行例でかなりの頻度で認められる。

 消化器症状

初期に出現する場合は消化器原発悪性リンパ腫に多く、その中でも胃原発が最も多い。末期悪性リンパ腫では消化器症状はほぼ必発であり、腹部腫瘤(後腹膜リンパ節からの腫瘤や、肝、脾、腸間膜リンパ節腫大によるもの)による各種臓器への圧迫のため、食欲不振、悪心、嘔吐、イレウス様症状、黄疽(閉塞性または肝実質障害によるもの)、腹水などが認められる。

 発熱

初発症状として発症し、悪性リンパ腫と診断される場合も少なからず存在し、逆に不明熱(FUO)の場合には、考慮に入れておかなければならない疾患のひとつである。末期悪性リンパ腫では、免疫不全状態および白血球減少などにより、易感染状態から感染症を合併し発熱をきたす。

検査

  1. 血液検査: WBC、Hb、血小板値など
  2. リンパ節検査: リンパ管造影、CTスキャン、リンパ節生検
  3. 生化学的検査: LDH、γ-グロブリン、CRP
  4. その他: 胸腹部単純X線撮影、心電図、骨髄穿刺

治療

 放射線や化学療法に比較的感受性が高いため、これらの治療が中心に行われる。

 1.放射線療法

 初期ではきわめて効果的であり、これのみによる完治例もある。通常、当該部にリニアック4,000~5,000radを4~5週間に分割照射する。また末期においても局所に腫瘍が浸潤し、局所症状が強い場合には、対症療法的に局所照射する場合もある。

 2.化学療法

 悪性リンパ腫のほとんどの症例(95%)に施行される。放射線療法が対象となる初期例でも一般的には維持療法、強化療法として化学療法が施行され、悪性リンパ腫治療の主体をなす療法である。治療薬剤は、抗生物質系腫瘍剤およびステロイドホルモン剤などを単剤で使用するよりも、各種作用機序の抗腫瘍剤を併用した多剤併用療法が施行される。主な併用療法としては、COP(エンドキサン、オンコビン、プレドニゾロン)CHOP(エンドキサン、アドリアマイシン、オンコビン、プレドニゾロン)MACOP-B(メソトレキセート、アドリアマイシン、サイクロフォスファマイド、プレドニゾロン、ブレオマイシン)などがあり、高い寛解率と長期生存率が得られている。

 3.手術療法

 4.造血幹細胞移植術

 化学療法で寛解が得られ、HLAの一致するドナーがいれば適応症例として考慮すべき治療法である。

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 現在患者が抱えている健康問題を明らかにし、改善、解決するとともに、将来的に患者が健康問題の発生を回避できるように、包括的にとらえる。リンパ節腫大の程度を知り、それがもたらす臨床症状による患者の苦痛、治療に伴う日常生活の制限及び苦痛、発病や入院によって生じる社会生活の変化、悪化した場合の心理的影響を考え、患者、家族が病気とその治療をどううけとめているかを把握する。またこれまでの危機的状況での対処方法、サポートシステムの状況、患者の性格等の情報をもとに、生へ立ち向かう意欲や能力、それを支える側の能力をアセスメントする。

「悪性リンパ腫」の画像検索結果

“(-“”-)”参考文献

医療学習レポート.悪性リンパ腫


スポンサード・リンク