スポンサード・リンク

(*´-`)ヒステリーと解離性障害の話


「ヒステリーと解離性障害」の画像検索結果

(+_+)題名:ヒステリーと解離性障害の話

ヒステリー(解離性障害)とは一般的に、ヒステリーを単に感情的に興奮した状態を示すことが多いのですが、医学的には、神経病の一つの型で、自分では意識していないような欲求不満が積み重なり、それが爆発して、身体が病気なったように見える状態。

当人は、はっきり意識しているわけではなく、病気にのがれて自分を防衛して、また、欲望を満たしていくという動機が認められ、また、感情が変化しやすく、自分を誇張して見せようとする性格の人が多いようです。

急に身体を弓なりにして、頭部をのけぞらしたり、足と頭で全身を支えるようにして痙攣を起こしたり、どこも悪くないのに、立てない、歩けない、声が出ない、目が見えない、耳が聞こえないなどさまざまな症状があらわれます。

女性に多く基礎に未熟な性格、ヒステリー性格(虚栄的、自己中心的、誇張的、虚言的、非暗示的)がみられる。

 

転換型:不安が身体症状(得に運動領域)

(a)運動領域・・失立、失歩、失声、ヒステリー性運動発作、後弓反張(ヒステリー弓)

チック様運動、アテトウーゼ様運動、振戦、全身けいれん発作

(b)感覚,知覚領域・・感覚脱失、(手袋型,ストッキング型)、ヒステリー性頭痛、ヒステリー球、乳房痛、卵巣痛、ヒステリー痛、難聴、味、味覚脱失、角膜、咽頭反射消失

(C)自立神経領域・・発赤、蒼白、発疹、発熱、食欲不振、下痢

痴呆症状、尿失禁は特にない

 

(特異的なもの)

Ganser症候群:ヒステリー性のもうろう状態の一つ。為痴呆(痴呆の真似をしているように見える状態)

小児症:Ganser症候群の一つ。著しく子供っぽくなるもの。心因性の退行現象。

的外れ応答:Ganser症候群の一つ。1+1=3と言ったりする。

二重人格:人格が全く豹変し他の人格に変わったと思われる状態が一定期間続き、またもとの人格に戻る。

ヒステリー性健忘:自分の姓名、住所、出生、家族のことなど生活史全般にわたって追走出来ない。(全生活史健忘)

「ヒステリーと解離性障害」の画像検索結果

(~_~;)参考文献

医療学習レポート.ヒステリーと解離性障害


スポンサード・リンク