スポンサード・リンク

ヘ(^_^)7月30日火曜日の日記

(゚ω゚)meal(゚ω゚)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、パンと缶コーヒーを食べました

晩ごはんは、ハンバーグと味噌汁を食べました。

 

(~_~;)event(~_~;)

今日も朝から暑いです。

朝の準備を済ませると、電動自転車にて出勤しました。

通勤中も暑いです。

午前は病棟で働き、午後は外回りで働きました。

外回りの車が暑い。

室温は普通ですが、日差しがきついです。

仕事が終わると、帰りに妻子へおやつを買って帰りました。

長男は、夏休み中であり妻を困らせていました。

帰宅すると、家族でご飯を食べて、子供達をお風呂へ入れました。

子供達を寝かしつけましたが、なかなかねません。

体力が余っているのでしょう。

寝かしつけると、私も追従するように寝ました。

 

(>.<)health(>.<)

暑いときは早く寝ます。

 

(~o~)study(~o~)

今日は、大動脈炎症候群について勉強しよう。

大動脈、およびその主幹動脈、肺動脈の非特異的動脈炎によって生じる病的状態を大動脈炎症候群といいます。

原因の明らかでない点から、脈なし病、高安病ともいわれています。

大動脈炎症候群は、主幹動脈の炎症で、その主座は動脈の中・外膜にあり、二次的に内膜の繊維性肥厚、内腔狭窄(時に拡張)、動脈瘤をきたします。

急性期(活動期)には各種の全身症状、血管痛があり、慢性期(非活動期)には動脈狭窄・閉鎖による虚血症状・所見(脳、頭顔部、四肢、心、腎等)高血圧を生じます。

本症の予後は、早期診断、早期治療により改善しているが、大動脈炎に由来する合併症(高血圧、大動脈弁閉鎖不全、大動脈瘤、冠動脈狭窄等)特に高血圧との有無と程度とが予後に重要な影響を及ぼします。

大動脈炎症候群の症状は、動脈の狭窄・閉塞・拡張に由来する多彩な虚血症候(脳、心、腎、四肢等)と高血圧とが主体です。

高血圧は、①腎動脈病変(腎血管性高血圧)②大動脈弁閉鎖不全(上行大動脈拡張による相対的な弁閉鎖不全、または上行大動脈病変波及による弁炎由来の器質的弁閉鎖不全)③大動脈狭窄(上肢高血圧)④大動脈壁の弾性低下⑤神経性因子(脳虚血、頚動脈洞反射)などによる二次性高血圧です。

 

(^-^)count(^-^)

日記133日目です。

スポンサード・リンク