スポンサード・リンク

(^ム^)二重課題と歩行の話


「二重課題と歩行」の画像検索結果

(@_@;)題名:二重課題と歩行の話

歩行時に生じる滑りや躓きは転倒原因のひとつです。

身体動揺を引き起こす外力は、主に下肢関節の衝撃吸収能によって制御されます。

歩行時にヒトは身体動揺を経験すると、外力に対する反応を適応的に変更すること が明らかにされています。

二重課題条件下における運動課題遂行能力と転倒リスクに関連があることを報告されています。

運動制御とは、予測した外力に対抗するための筋力の逆算(予測的運動制御)および末梢器官からの感覚入力情報に基づく制御(反応的運動制御)から構成され、中枢神経系が関与するものとされています。

二重課題条件下では、運動課題に伴って付加される認知課題の遂行においても中枢神経系が関与しているが、その処理容量には限界があります。

落下時の衝撃力に対する反応的制御は予測の有無により変化することを報告されています。

動揺の経験が動的安定性に関する反応的運動制御を改善すると報告されています。

効率の良い歩行を達成するために、ヒトが各関節を協調的に駆動させることはよく知られています。

運動の適応過程において、予測的制御は反応的運動制御を向上するとされています。

二重課題条件下での同時認知課題により反応的運動制御は損なわれるが、予測的運動制御は損なわれないことがそれぞれ報告されています。

高齢者における反応的運動制御の適応能は若年者より低い傾向にあるが、予測的運動制御の適応は加齢による影響を受けないと報告されています。

反応的運動制御は予測的制御と異なり、運動中の感覚入力情報を処理する必要があるため、運動に関する中枢神経系の情報処理能を低下させやすい可能性があります。

歩行時に加わる衝撃力の制御には、下肢関節の衝撃吸収機構が関与するとされています。

運動制御の基盤となる身体機能は、加齢による影響を受けるとされています。

「二重課題と歩行」の画像検索結果

((+_+))参考文献

Berg WP, Alessio HM, Mills EM, et al.: Circumstances and consequences of falls in independent community-dwelling older adults. Age Ageing, 1997, 26(4): 261-268.

Kameyama O, Ogawa R, Okamoto T, et al.: Electric discharge patterns of ankle muscles during the normal gait cycle. Arch Phys Med Rehabil, 1990, 71(12): 969-974.

Sadeghi H, Allard P, Barbier F, et al.: Main functional role of knee flexor/extensors in able-bodied gait using principal component analysis (I). Knee, 2002, 9(1): 47-53.

Marigold DS, Patla AE: Strategies for dynamic stability during locomotion on a slippery surface: effects of prior experience and knowledge. J Neurophysiol, 2002, 88(1): 339-353.

Lundin-Olsson L, Nyberg L, Gustafson Y: “Stops walking when talking” as a predictor of falls in elderly people. Lancet, 1997, 349(9052): 617.

Shumway-Cook A, Woollacott M:モーターコントロール原 著第4版.医歯薬出版,東京,2013,pp495-521.

苧阪直行,船橋新太郎,渡邊正孝・他:脳とワーキングメ モリ.京都大学学術出版会,京都,2008,pp1-18.

Santello M: Review of motor control mechanisms underlying impact absorption from falls. Gait Posture, 2005, 21(1): 85-94.

Bierbaum S, Peper A, Karamanidis K, et al.: Adaptational responses in dynamic stability during disturbed walking in the elderly. J Biomech, 2010, 43(12): 2362-2368.

Bierbaum S, Peper A, Karamanidis K, et al.: Adaptive feedback potential in dynamic stability during disturbed walking in the elderly. J Biomech, 2011, 44(10): 1921-1926.

Farley CT, Ferris DP: Biomechanics of walking and running: center of mass movements to muscle action. Exerc Sport Sci Rev, 1998, 26: 253-285.

Bohm S, Mersmann F, Bierbaum S, et al.: Cognitive demand and predictive adaptational responses in dynamic stability control. J Biomech, 2012, 45(14): 2330-2336.

Uemura K, Oya T, Uchiyama Y: Effects of visual interference on initial motor program errors and execution times in the choice step reaction. Gait Posture, 2013, 38(1): 68-72

Bastian AJ: Learning to predict the future: the cerebellum adapts feedforward movement control. Curr Opin Neurobiol, 2006, 16(6): 645-649.

Morton SM, Bastian AJ: Cerebellar contributions to locomotor adaptations during splitbelt treadmill walking. J Neurosci, 2006, 26(36): 9107-9116.

Lin SI, Woollacott MH: Postural muscle responses following changing balance threats in young, stable older, and unstable older adults. J Mot Behav, 2002, 34(1): 37-44.

Brauer SG, Woollacott M, Shumway-Cook A: The influence of a concurrent cognitive task on the compensatory stepping response to perturbations in balance-impaired and healthy elders. Gait Posture, 2002, 15(1): 83-89.


スポンサード・リンク