スポンサード・リンク

( ・ε・)神経と伝導速度の話


「神経と伝導速度」の画像検索結果

(#^.^#)題名:神経と伝導速度の話

神経は伝導速度の相違からA、B、Cの3群に分けられ、さらにA線維はα、β、γ、δ線維に細分される。

A線維は体性有髄求心性・遠心性線維であり、B線維は有髄遠心性線維で自律神経系にある。

C線維は無髄で、交感神経節後線維や求心性線維にある。

神経線維の直径が太いほど伝導速度は速く、活動電位の振幅は大きく、刺激に対する域値は低い。

 

神経線維の伝導速度と条件について以下の表にまとめた。

 神経の細胞膜にあるチャネルに働いてイオン透過を妨げ、活動電位の発生を抑える薬物があり、フグ毒のテトロドトキシンはNaの透過性を抑え、活動電位の発生を抑える。 速い 遅い
髄鞘

線維の直径

線維内液、外液の比抵抗

外液の浸透圧

外部の電気抵抗

膜容量

線維の域値

皮膚温

検査室温

高い

低い

高い

高い

低い

高い

低い

低い

神経の細胞膜にあるチャネルに働いてイオン透過を妨げ、活動電位の発生を抑える薬物があり、フグ毒のテトロドトキシンはNaの透過性を抑え、活動電位の発生を抑える。

局部麻酔剤(プロカイン、キシロカイン)はNa、K 両方の透過性を抑える。

全身麻酔薬のエーテルもNa透過性を抑えるとされている。

「神経と伝導速度」の画像検索結果

(^o^)参考文献

医療学習レポート.神経と伝導速度


スポンサード・リンク