スポンサード・リンク

(´・ω・`)乳児と感覚刺激に対する反応のQ&A


(;;◕ω◕;)💭question

乳児の個性、手がかり、養育への影響とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

感覚刺激入力刺激にさらされている乳児が示す行動は、刺激の受け入れ方によって異なってきます。

新生児が感覚刺激にさらされると、三つの現象のうちいずれか一つが起こります。

まず乳児が刺激に対して非ストレス状態であると判断すると、行動下部機構の安定性に影響を与えることなく適切に刺激に反応します。

二番目の可能性としては、乳児は刺激にさらされるとストレスを経験するが、ストレスを経験するが、ストレスの影響を減らし下部機構の安定性を保持しながら行動を組み立てる事ができるのです。

三番目の可能性としては、ストレスの影響に打ち勝つ事ができなくなるほどの刺激が乳児に重圧を与えることです。

この場合、神経行動機構の安定性が危険にさらされます。

この刺激のストレスに対する三つの可能性に応じて、乳児は次の三つの行動様式を示します。

自己調節に向かう合図、自己調節に対処する合図、ストレス(または回避)反応です。

二つの自己調節は、乳児が刺激に耐え、機構を維持できていることを示しているが、「耐処徴候」は刺激が多少乳児の神経行動機構にストレスを与えていることを介護者に知らせる手がかりになっています。

後者において、刺激によって引き起こされるストレスの程度によって、乳児が神経行動機構の恒常性を維持するためには適応反応が必要であり、より一層の感覚刺激にさらされることは、乳児の耐久性の限界を超すことになります。

「ストレス反応」は、刺激が乳児のストレスへの耐久性の限界を超え、神経行動機構が不安定状態に突入したことを表しています。

もし介護者の適切な介入が神経行動機構の再安定の為に与えられなければ、ストレスの増加に伴い、乳児の自己調節能力は減少します。

もし「一時中断」の合図が表れるなら、乳児が過刺激の徴候を発しているとみなされます。

介護者による刺激を「打ち破る」形式(coping)の介入によって、神経行動機構は再構築する事ができます。

介護者の介入が行われず、ストレスが続けば、ストレス耐久性段階の限界を超え、乳児はストレス反応を示し始めます。

乳児は最初に、相互作用的あるいは注意的下部機構のストレス反応を見せます。

これは、行動覚醒状態や運動、最終的に生理的行動下部機構のストレス反応や不安定へと進行します。

自己調節に向かう合図は、乳児が制御を維持しており、機構が十分働いていることを示しています。

乳児が介護者の相互作用を受け入れていくような行動を示すため、「向かう」という用語が用いられています。

典型的な自己調節に向かう合図は以下のものがあります。

微笑んだり口をもぐもぐさせる、驚いた表情(「OOH」)、クックッとのどを鳴らして喜ぶ、四肢のくつろいだ状態、最小限の運動活動、滑らかな身体運動、覚醒、穏やかでくつろいだ顔の表情です。

自己調節に対処する合図は、乳児のストレス耐久性が最大段階に到達しているという警告信号として解釈されなければならないです。

この時点での乳児は、ストレスの結果として起こる不安定性を補うために、自己構築能力をまだ持ち合わせています。

自己調節行動の出現はどのような状況でも起こっています。

一般的には、乳児は自己調節行動の遂行の為に、より安定した下部機構の援助を受けなければならないです。

しかしこの過程が長引くと、ストレスが長くさらされた場合と同様に、下部機構が不安定となり、乳児はもはや代償させる事ができなくなり、結果ストレス反応が出現してしまいます。

したがって、対処する形式の自己調節行動は、乳児がまだ制御された状態にあることを暗示しているけれども、乳児の自己制限の限界を超えないように監視しておかなければならないです。

この自己調節に対処する合図の典型例は次のような物です。

下肢を突っ張る、手を顔へもっていく、吸啜、手や足を握りしめる、把握、強く拳を握りしめる、屈筋パターンを示す、ベッドに沿って身体を突っ張る(境界を探索する)、下位の行動覚醒状態へ移行する(うとうとした状態や浅い眠り)です。

未熟児やハイリスク児、医学的合併症を持つ乳児はストレス耐久能力が欠如しているので、ストレス反応を示す行動様式が優位となっています。

ストレス反応とは、感覚刺激の重圧が乳児の代償能力を超えているということを意味しています。

未熟性や神経行動機構の混乱の結果、あるいは過剰な刺激の結果として、ストレス反応は起こります。

乳児が示すストレス徴候は、どの下部機構がストレスにより影響を受けているかによって異なります。

ストレス反応は影響を受ける下部機構に応じて、明確に、生理的、運動的、行動覚醒状態的、注意/相互作用的階層に分類されています。

ストレス徴候は、一般的に障害程度に呼応して出現します。

最軽度のストレス反応は注意下部機構のものであり、最重度のストレス反応は生理的下部機構に起こります。

後者は、自律神経が不安定となる時に起こります。

影響を受ける下部機構により分類した以下のストレス反応は、虚弱な新生児において共通しています。

注意/相互作用的ストレス徴候は、加えられた感覚刺激入力に対して社会的に相互作用する統合能力の欠如、社会的相互作用の回避です。

行動覚醒状態的ストレス徴候は、注視を嫌う、注視の固定、どんよりした眼、過敏さ、覚醒の欠如、散漫な睡眠状態です。

運動的ストレス徴候は、宙に浮いたような座位、敬礼する、指を斜めに外へ広げる、身もだえ、もがく、半狂乱の、無秩序な運動、体幹の反り返り、舌突伸、ポカンと口を開けた表情、全身の低緊張です。

生理的(自立的)ストレス徴候は、あくび、ゲップ、しゃっくり、嘔吐、つばを吐く、クシャミ、皮膚色の変化(蒼白、斑点、潮紅、チアノーゼ)生命維持徴候の変化(心拍数、呼吸数、経皮酸素飽和度)です。

ストレス防止は、虚弱な乳児への治療的介入計画の中核要素としなければならないです。

乳児が示す手がかりを認知し、効果的に反応できるような資質は、虚弱な新生児を対象として働く療育専門家にとっては必須の基本条件です。

 

(;;◕ω◕;)💭question

乳児のストレス調整と行動制御の援助とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

近年の研究では、感覚刺激の過負荷や神経行動機構へのストレスを防ぐために厳重に監視された未熟児が、「Bayly精神発達および心理運動発達指数」や標準化された神経心理学的検査において高い得点を示し、少なくとも生後36ヶ月までの発達において良好な結果を示すことが示唆されています。

このような乳児は、探索遊びにおいて行動機構の改善もみせ、また人工換気装置、酸素吸入、経管栄養から早期に離脱します。

Als(筋萎縮性側索硬化症)らは、出生直後から系統的な行動観察と個別養育計画を行った二十人の未熟児と、新生児集中治療管理室における通常の看護を受けた対照群とを比較する研究を行っています。

治療群(実験群)は、脳室内出血と慢性肺疾患の発生率が低く、入院期間が短く、低費用であり、生後二週と九ヶ月での発達結果が良好です。

この実験群と対照群には、脳内の電気生理学的活動の形式にも違いがあります。

この結果は、刺激に対する反応に従って養育を受けた乳児が、通常の看護を受けた乳児より早く集中治療管理期間を乗り越え、なおかつ非常に良好な予後をみせていることを示唆しています。

Als(筋萎縮性側索硬化症)らは、「新生児個別発達的養育および評価計画」(NIDCAP)を開発させています。

これは、神経行動機構やストレスに対する反応を基礎としてハイリスク新生児への介入を個別化するために、観察技能を高めさせることに焦点を当てています。

欧米では個別的養育の有益さが認められてきて、多くの新生児療法士がNIDCAPの研修資格をもちつつあります。

様々な施設でNIDCAPの研修会が実施されています。

新生児療法士は、乳児の発達予後を促進するために、個別的発達援助養育の基本的概念を熟知しなければならないです。

これは、自己調節行動(接近や対処)のような乳児の手がかりや合図、またストレス反応の識別や乳児の合図に対して反応する介護者の適切な介入などが含まれています。

虚弱な乳児のストレスを調節し、行動を制御させる援助を実現させるために、介護者は接近行動の発達を促進し、ストレス(回避)反応を防止しなければならないです。

後者のためには、刺激入力を一時中断する休息時間を与えることで最善の結果がえられ、乳児が神経行動機構の恒常性を再獲得させ、自己調節行動を再び獲得するために必要な安定性を回復させるようにします。


スポンサード・リンク