スポンサード・リンク

(´・ω・`)股関節外転と機能解剖の話


「股関節外転」の画像検索結果

股関節の外転 (0~45°)

・中殿筋を主とする外転筋群の弱化や中殿筋麻痺があると、その下枝だけでの起立時に大腿骨を骨盤に固定できないため(中殿筋は大腿骨を骨盤に固定する作用がある)、非支持脚側の骨盤が下方へ傾く。これをトレンデンブルク徴候という。そのために起こる異常歩行をトレンデンブルク歩行という。

・外転筋群は内転筋群よりも優位であり、その比は1.6:1である。

主動作筋

●大腿筋膜張筋 ●中殿筋

補助筋

●縫工筋 ●大腿直筋 ●大殿筋 ●小殿筋

 

外転における靱帯の緊張

腸骨大腿靱帯(上) 腸骨大腿靱帯(下) 恥骨大腿靱帯 坐骨大腿靱帯 大腿骨頭靱帯

++

 

外転の制限因子

●腸骨大腿靭帯の緊張 ●恥骨大腿靭帯の緊張 ●内転筋群の緊張

 

大腿筋膜張筋

起始:上前腸骨棘、大腿筋膜の内面

停止:腸脛靭帯、脛骨外側顆前面の粗面

作用:股関節の屈曲、内旋、外転

膝関節の伸展

神経:上殿神経 L4~S1

 

中殿筋

起始:腸骨翼の外側で前および後殿筋線の間、

腸骨稜外唇および殿筋筋膜

停止:大転子の外側面

作用:股j外転・内旋・外旋

神経:上殿神経 L4~S1

 

縫工筋

起始:上前腸骨棘

停止:脛骨粗面の内側

作用:股jの屈曲・外転・外旋

膝jの屈曲・内旋

神経:大腿神経 L2~L3

参考

●長内転筋、縫工筋、鼠径靭帯で形成される三角の領域をスカルパ三角という。これには次の3つが通る。①大腿神経 ②大腿動・静脈 ③リンパ管

●半腱様筋、薄筋、縫工筋の停止腱は合して鵞足を形成する。

 

大腿直筋

起始:下前腸骨棘および寛骨臼の上縁

停止:膝蓋骨、脛骨粗面

作用:膝j伸展

股j屈曲

神経:大腿神経 L2~L4

 

大殿筋

起始:腸骨翼外面で後殿筋線の後方、仙骨・尾骨の外側縁

仙結節靱帯、腰背筋膜

停止:腸脛靱帯、大腿骨の殿筋粗面

作用:股j伸展・外旋・外転・内転

骨盤の下制

神経:下殿神経 (L4)、L5~S2

参考

大殿筋は、腸腰筋と協同して働く。階段を昇る際などに、腸腰筋か大腿を前方に上げて足を階段に移し、次いで大殿筋が大腿を後方に引く。

 

小殿筋

起始:腸骨翼外面で前および下殿筋線の間

停止:大転子の前面

作用:股j外転・内旋

神経:上殿神経 L4~S1

 

●最終域感

①通常の場合

⇒関節包下部(内側)、恥骨大腿靭帯、坐骨大腿靭帯、腸骨大腿靭帯の下部束の緊張による結合組織性のもの。

②その他

⇒大内転筋、長内転筋、短内転筋、恥骨筋、薄筋の緊張による結合組織性もの。

「股関節外転」の画像検索結果


スポンサード・リンク