スポンサード・リンク

(・∀・)ハンチントン舞踏病の話


(/ _ ; )題名:ハンチントン舞踏病の話

A.解剖・生理

ハンチントン病は舞踏運動とともに特有の人格変化、精神症状、痴呆を呈する遺伝性神経変性疾患である。常染色体の優性遺伝の形式をとり、患者の多くは30~50歳で発症する。痴呆は本症では必発の症状である。痴呆の責任病巣としては線条体や前頭葉が考えられている。また舞踏病が明らかになる以前に人格変化や精神症状が見られることもあるので精神病と間違えられることあるので注意が必要である。

 

B.症状

本症は常に進行性の経過をとる。

初期:不随運動・人格変化・知能能力の障害は軽く、日常生活に支障はない。

進行期:舞踏運動が目立ち、歩行や日常生活活動に支障をきたす。人格変化や痴呆も増強し、介助を必要となる。

末期:歩行は不能で、不随運動はむしろ少なくなるが、構語・嚥下障害が加わり、ほとんど無言で

痴呆も高度となり、全面介助が必要となる。

* 精神症状は初期では、易怒性、衝動性、抑制欠如などの人格変化が目立つ。進行期・末期では抑うつ、被害関係妄想、幻覚などの精神症状が目立ってくる。

 

C.本性での痴呆の特徴

1.記憶障害、注意・集中力の低下、判断力の低下

2.情報の組織化や系統整理の障害

このうち記憶障害については、記銘力障害は軽度であるのに対して情報を想起することに困難を伴うことが特徴とされる。

(´Д` )参考文献

医療学習レポート.ハンチントン舞踏病


スポンサード・リンク