スポンサード・リンク

( ・∇・)老化の話


(*´ω`*)題名:老化の話

老化の過程は概念的に、生理的老化と病的老化に大別される。生理的老化とは、加齢に伴う生理的な機能低下を指し、病的老化とはその生理的老化の過程が著しく加速され、病的状態を引きおこすものをいう。

生理的老化と病的老化

生理的老化 病的老化
対象発生時期進行速度

臨床所見

対処法

すべての人20~30歳から不可逆的ゆっくり

健康人

日常生活での摂生

有病者に罹患時可逆的比較的早い

病人

老年病の治療

 

加齢による身体機能の変化

A.身体構成成分の変化

①脂肪以外の身体構成成分の減少②身体構成成分の脂肪の増加③血漿アルブミン量の減少

B.心血管系

①心拍出量低下、ストレスに対する反応の低下

②動脈硬化による血管弾性の低下、血管肥厚、末梢血管抵抗の増加、腎・肝・脳・筋肉の血流減少

C.腎機能

①機能的ネフロンの減少②糸球体濾過率および腎血流量の減少

D.消化器系

唾液、胃液の分泌低下 ②消化管の蠕動運動低下、便秘の増加

E.肝機能

①重量減少 ②薬物代謝能力などの低下

F.神経系

循環血流量の減少、短期記憶の低下、協調運動の低下、脳機能低下、薬に対する閾値低下

G.呼吸器系

①機能的残気量、死腔の増加、肺弾性力の低下

②気管支繊毛の数の減少、気管運動の低下

H.内分泌系

①性ホルモン分泌量の減少②コルチゾール、サイロキシンは不変

甲状腺刺激ホルモン、成長ホルモン、副甲状腺刺激ホルモンに対する反応性低下

I.免疫系

①細胞性免疫・体液性免疫ともに低下

②体内異物の排除処理機能低下

③自己抗体の形成の増加

(´;ω;`)参考文献

実習対策レポート.老化


スポンサード・リンク