スポンサード・リンク

(・。・)イレウスの話


「イレウス」の画像検索結果

イレウスとは

 腸管において、種々の原因により腸内容物の通過障害を起こした状態をいう。腸管の閉塞が完全で症状が著名なものをイレウス、閉塞が不完全なものを亜イレウスという。原因として術後や炎症による癒着・大腸がんなどの悪性腫瘍、ヘルニア嵌頓がある。胃腸管内容の移動がなんらかの病的変化によってさまたげられた状態で機械的閉鎖が原因である場合は機械的イレウス、腸管の機能異常に基づく場合は機能的イレウスという。
なかでも最も頻度の高いのが癒着による機械的イレウスで、開腹手術後に多い合併症である。

病態アセスメント

 イレウスは腹痛・嘔吐・腹部膨満などの身体的苦痛の他に、絶飲食による精神的苦痛が加わり、さらに保存療法にて症状が改善されない場合や、絞扼性イレウスと診断された場合は手術適応となるので、手術に対する不安も生じてくると思われる。

症状

 1.腹痛

腸間膜の絞扼による絞扼痛、閉塞上部腸管が過伸展して起こる伸展痛、腸管壊死に起因する腹膜炎のための炎症性疼痛などがある。

 2.嘔吐

初期には吐物に胃液、食物残渣、胆汁などが混じるが、だんだん糞臭をおびるようになる。

 3.腹部膨満

腹部は時間の経過とともにしだいに膨満し、腸蠕動不安が著明となる。腹部膨満により横隔膜が挙上されることにより呼吸困難を訴えてくる場合もある。

 4.排ガス,排便の停止

診断上重要なものであるが、閉塞下部にあったガスや便が排出されることがあるので注意する。

検査

  • 腹部単純X線写真
  • 連続腸透視
  • 生化学検査及び血液一般検査

治療

 1.保存的療法

イレウス管・胃管の挿入により腸管の減圧をはかり、また栄養輸液によって電質異常の補正もおこなっていく。

 2.手術療法

腸管内外の原因の除去、腸切除がおこなわれる。

分類

1.機能的イレウス

1)麻痺性イレウス

2)痙攣性イレウス

2.機械的イレウス

1)単純性イレウス

・癒着性イレウス
・腫瘍によるイレウス
・炎症性疾患によるイレウス
・先天性イレウス
・異物性イレウス

2)複雑性イレウス

・絞扼性イレウス
・腸重積症
・軸転不通症
・腸嵌頓症
・腸結節形成症

看護計画(術前)

Ⅰ.病態アセスメント

 イレウスによる合併症として、腹痛・嘔吐などの腹部症状、体液・電解質の喪失による循環不全、敗血症に注意する。イレウス患者に対しては、まず保存療法として、輸液や抗生物質の投与、イレウス管・胃管の挿入が行われる。保存療法にてイレウス症状が改善されない場合や、絞扼性イレウスと診断された場合は手術適応であり、緊急手術となることが多い。
そのため患者の不安はより強くなり、栄養状態の確保や、家族のサポ-ト体制を整えるための十分な時間が得られにくい。短い期間でできるだけ身体的・心理的・社会的にも最良の条件を整えられるような援助が必要となる。

看護計画(術後)

Ⅰ.病態アセスメント(術後)

 イレウスに対する手術は閉塞部位の解除が目的であるが、閉塞部位が解除されたからといってそれまで腸内に貯留していた内容物が排除されたわけではない。麻酔による意識レベルの低下、胃管留置による気道刺激、不快感、胃からの逆流や嘔吐、腹部膨満による呼吸抑制がもたらす肺合併症などをおこしやすい状況が術前よりもさらに多くなる。バイタルサインのチェックのほかに、特に胃管からの排液量、尿量、排便、排ガスの有無などに注意する必要がある。

「イレウス」の画像検索結果


スポンサード・リンク