スポンサード・リンク

(・。・)重症急性呼吸器症候群の話


「重症急性呼吸器症候群」の画像検索結果

( ´ ▽ ` )題名:重症急性呼吸器症候群の話

新型肺炎(非典型肺炎)とも呼ばれる新種の感染症であり、SARSウイルス(新コロナウイルス)により感染/発病する。

2002年11月に中華人民共和国広東省に発生し、2003年7月に新型肺炎制圧宣言がだされるまでの間に、8069人が感染し、775人が死亡した。

WHOによれば感染の疑いがある患者は隔離するのが望ましく、以下のようなケースを「感染の疑いあり」と定義している。

38℃を超える高熱、および以下のひとつ以上にあてはまる呼吸上の問題:咳、息ぎれ、呼吸困難、低酸素血症あるいは肺炎、および以下のひとつ以上にあてはまる場合:SARS感染の疑いがある人物との緊密な接触・SARS感染記録かある地域への旅行

WHOのFAQによると、主に飛沫感染によって広がる。飛沫感染とは空気感染ではなく、咳やくしゃみで飛んだSARS患者の唾液を吸い込むことによる感染である。飛沫は大きいため、飛ぶ距離は通常1メートル以内。しかし、SARSは空気や汚染された物を介してもつと広範囲に広がる可能性もある。

普通の風邪ウイルスも飛沫感染によって広がる。空気感染によって広がるウイルスには、インフルエンザウイルスや麻疹ウイルスがある。したがって、SARSはインフルエンザよりも感染率は低いと言われている。

通常のコロナウイルスは大概で3時間以上生き延びるが、SARSウイルスは乾燥したプラスチック上で24時間以上生存することが確認された。

感染経路の調査結果によると、ごく一部の患者が多数の人に移したとみられ、このような患者はスーパースプレツダーと呼ばれているが、その理由を含む感染の仕組みは解明されていない。

 

治療

ウイルス性疾患であるので抗生物質の適応はない。

隔離。外部よりも気圧を低く(陰圧システム)している必要がある。

死亡率は約9.4%(高齢者では致死率が高い)

症状が消えた後の患者の扱い

症状が出る前、あるいは症状が消えた後、SARS患者がどのくらいの間、他の人に病気を移す可能性があるかは分かっていない。

症状が消えた一カ月後に再び症状が戻った例がある。

o(^▽^)o参考文献

医療学習レポート.重症急性呼吸器症候群


スポンサード・リンク