スポンサード・リンク

(・.・;)特発性肺線維症と呼吸リハビリテーションの話


「特発性肺線維症と呼吸リハビリテーション」の画像検索結果

(・_・;)題名:特発性肺線維症と呼吸リハビリテーションの話

特発性肺線維症(idiopathic pulmonary fibrosis:IPF)は診断から平均 3-5 年で死にいたる予後不良な疾患である 。

IIPs に対する呼吸リハビリテーションは、積極的に導入すべきであると推奨されている。

終末期医療において多職種の介入に よる情報共有を有効に活用し、症例に相対するべきこと が示されている。

COPD 患者に対する呼吸リハはすでに有効性が確立されている。

主に呼吸困難感、運動耐容能、健康関連 QOL の改善や入院日数の短縮などへの効果が示されている。

IIPs患者に対してもCOPD患者同様に呼吸リハの有効性が報告されている。

重症度の高い患者への効果に対してさらに検討が必要とされている。

IIPsの経過には急性増悪をきたすものから慢性経過をとるものまでさまざまな臨床像がある。

短期間に死亡する症例も少なくない。

厚生労働省より終末期医療の決定に関する ガイドラインが 2007 年に示された。

終末期医療およびケアの在り方として、「患者本人による決定を基本と したうえで、終末期医療を進めることが最も重要な原則であり、医療行為の開始・中止、医療内容の変更などは、多専門職種の医療従事者から構成される医療・ケアチー ムによって慎重に判断すべき」とされている。

終末期医療およびケアの方針の決定手続きとして、患者の意思の確認ができる場合は、「治療方針の決定に際してICに基づく患者の意思決定を基本とし、患者と医療従 事者とが十分な話し合いを行うもの」とされている。

終末期医療における患者の意志決定に関しては、 COPD患者に対する意思の聴取を時期として、生かされたと感じる患者自身の経験やそれに代わる在宅酸素療法の導入をもって認識される終末期に開始すべきと提案している。

「特発性肺線維症と呼吸リハビリテーション」の画像検索結果

(#^.^#)参考文献

日本呼吸器学会びまん性肺疾患診断・治療ガイドライン作 成委員会:特発性間質性肺炎 診断と治療の手引き 改訂第2 版.南江堂,東京,2011,p30.

American Thoracic Society:Idiopathic pulmonary fibrosis: diagnosis and treatment. International consensus statement. American Thoracic Society (ATS), and the European Respiratory Society (ERS), Am J Respir Crit Care Med, 2000, 161(2 Pt 1): 646-664.

Lacasse Y, Wong E, Guyatt GH, et al.: Meta-analysis of respiratory rehabilitation in chronic obstructive pulmonary disease. Lancet, 1996, 348(9035): 1115-1119.

Ries AL, Bauldoff GS, Carlin BW, et al.: Pulmonary rehabilitation joint ACCP/AACVPR evidence-based clinical practice guidelines. Chest, 2007, 131(5 Suppl): 4S-42S.

Ferreira A, Garvey C, Connors GL, et al.: Pulmonary rehabilitation in interstitial lung disease: benefit and predictors of response. Chest, 2009, 135(2): 442-447.

宮本直美,千住秀明,北川知佳・他:特発性間質性肺炎患者に対する呼吸リハビリテーションの効果.日呼ケアリハ 学誌,2009(19): 276-283.

Kondoh Y, Tanigudhi H, Kawabata Y, et al.: Acute exacerbation in idiopathic pulmonary fibrosis. Analysis of clinical and pathologic findings in three cases. Chest, 1993, 103(6): 1808-1812.

Ley B, Collard HR, King TE: Clinical course and prediction of survival in idiopathic pulmonary fibrosis. Am J Respir Crit Care Med, 2011, 183(4): 431-440.

厚生労働省:終末期医療の決定プロセスに関するガイド ライン解説編(平成19年5月).http://www. mhlw. go. jp/ shingi/2007/05/dl/s0521-11b.pdf(閲覧日2015年2月1日)

有田健一:非がん性呼吸器疾患の緩和ケア.呼吸と循環, 2008,56(11): 1163-1168.


スポンサード・リンク