スポンサード・リンク

(*^ー^)ノ♪強迫性障害の話


「強迫性障害」の画像検索結果

( *´艸`)題名:強迫性障害の話

強迫性障害:強迫性障害は、精神障害のひとつ。従来、強迫神経症と呼ばれていたもの。

・強迫症状

強迫症状とは強迫性障害の症状で、強迫観念と強迫行為からなる。両方が存在しない場合は強迫性障害とは診断されない。強迫症状はストレスにより悪化する傾向にある。

①強迫観念

本人の意志と無関係に頭に浮かぶ、不快感や不安感を生じさせる観念を指す。強迫観念の内容の多くは普通の人にも見られるものだが、普通の人がそれを大して気にせずにいられるのに対し、強迫性障害の患者の場合は、これが強く感じられたり長く続くために強い苦痛を感じている。不快な単語が何回も繰り返されるという症状もある。

②強迫行為

不快な存在である強迫観念を打ち消したり、振り払うための行為で、強迫観念同様に不合理なものだが、それをやめると不安や不快感が伴うためになかなか止めることができない。その行動は患者や場合によって異なるが、いくつかに分類が可能で、周囲から見て全く理解不能な行動でも、患者自身には何らかの意味付けが生じている場合が多い。

・一般的な強迫症状

1)不潔強迫

手の汚れが気になり、手や体などを何度も洗わないと気がすまない。体の汚れが気になるためにシャワーや風呂に何度も入る。

2)確認行為

確認強迫ともいう。外出や就寝の際に、家の鍵やガスの元栓、窓を閉めたかが気になり、何度も戻ってきては執拗に確認する。電化製品のスイッチを切ったか度を越して気にするなど。

3)加害恐怖

自分の不注意などによって他人に危害を加える事態を異常に恐れる。例えば、車の運転をしていて、気が付かないうちに人を轢いてしまったのではないかと不安に苛まれて確認に戻るなど。

4)被害恐怖

自分が自分自身に危害を加えること、あるいは自分以外のものによって自分に危害が及ぶことを異常に恐れる。例えば、自分で自分の目を傷つけてしまうのではないかなどの不安に苛まれ、鋭利なものを異常に遠ざけるなど。

5)自殺恐怖

自殺してしまうのではないかと異常に恐れる。

以外にも多数ある。

保続:限られた一つの観念だけが繰り返し現れ、思考が先に進まない状態である。例えば、最初の質問に「エンピツ」と答えるが、次の別の質問にも「エンピツ」と同じ答えを繰り返す。失語の際にみられるが、前頭葉の広範な傷害時にも認められる。

「強迫性障害」の画像検索結果

(*´з`)参考文献

医療学習レポート.強迫性障害


スポンサード・リンク