スポンサード・リンク

(*^ー^)ノ♪麻疹・風疹と予防接種の話


(^_-)題名:麻疹・風疹と予防接種の話

MRワクチンは麻疹と風疹を同時に予防できるワクチンで、1歳の時と小学校入学前の合計2回受けることになります。

麻疹は皮下注射で行います。注意していただきたいことは、MRワクチンはウシや豚由来の成分を使用しているため、アレルギー体質の人は医師と十分相談しましょう。

MRワクチンによる小児の副反応。

接種後3日ぐらいは、接種部分が少し赤くなったり腫れることがあります。

まれに数日後に発熱や発疹症状が見られますが、2日程度で回復します。

MRワクチンによる予防接種は1歳を過ぎると受けることができますので、集団生活に入る前に済ませておくことがベストです。

また予防接種法により、13歳~15歳の女子中学生は風疹の予防接種を受けることになっています。

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.麻疹・風疹と予防接種


スポンサード・リンク