スポンサード・リンク

(^ー^)免疫反応と役割の話


(ーー゛)題名:免疫反応と役割の話

免疫反応の主役的な役割を果たしているT細胞が抗原を認識するには、抗原をT細胞に提示する機能をもった抗原提示細胞と呼ばれる細胞が必要です。

この抗原提示細胞の表面には主要組織適合性抗原(major histocompatibility complex;MHC)が提示されます。

ヒトの場合は、これを特にヒト白血球抗原(human leukocyte antigen;HLA)と呼び、大きく分けてクラスI(HLA-A、B、C)とクラスII(HLA-DR、DP、DQ)があります。

また、HLA は他人からの臓器移植の生着率に影響します。

このHLAに抗原がペプチド(アミノ酸が いくつか結合したもの)の形で結合し、T細胞に提示されますと、T細胞はその表面にあるT細胞レセプターと呼ばれる受容体(抗原とぴったり凹凸が合致するようになっている)によって、これは抗原だと認識します。

ただし、T細胞が活性化するにはこれだけでは不十分で、抗原提示細胞上にあるいくつかの補助分子(細胞表面に存在し、細胞と細胞の接着に関与する分子や細胞内に刺激を伝える分子など)を介する作用が必要となります。

すべての条件が揃うと、例えばHLAクラスIに結合した抗原ペプチドは特にCD8陽性T細胞と呼ばれるT細胞に提示され、これを認識したT細胞は活性化してキラーT細胞に変身します。

また、HLAクラスIIに結合したペプチドはCD4陽性T細胞に提示され、ヘルパーT細胞 を活性化させます。

抗原提示細胞としてはマクロファージ、B細胞、あるいは樹状細胞 (Dendritic cell;DC)がありますが、その中でも特に樹状細胞は最も強い抗原提示機能をもっています。

(+o+)参考文献

医療学習レポート.免疫反応と役割


スポンサード・リンク