スポンサード・リンク

(^ー^)排尿の話


(^O^)題名:排尿の話

正常な排尿

正常な膀胱は十分量の尿を蓄え、尿意後も随意的排尿開始まで蓄尿し、随意的排尿開始後は特別の努力なしで膀胱内の尿を完全に排尿する。

 

排尿に関する排尿中枢

排尿には以下の3つの排尿中枢が関与して、機能を分担している

大脳:膀胱の収縮を抑制して蓄尿

脳幹:協調的な膀胱の収縮と外尿道括約筋の弛緩

脊髄(胸腰髄「Th11-L2」、仙髄「S2-4」):膀胱排尿筋の収縮(外尿道括約筋の弛緩不十分)

 

下部尿路への神経支配

膀胱の神経支配(遠心性神経)

膀胱平滑筋(排尿筋とも呼ばれる)と内膀胱括約筋(尿道起始部に存在)は交感神経(L1-4)と副交感神経(S2-4)の二重神経支配を受けている。

 

副交感神経の骨盤神経(S2-4)⇒排尿筋収縮、内膀胱括約筋弛緩

交感神経の下腹神経(L1-4)⇒排尿筋弛緩、内膀胱括約筋収縮

体性神経の陰部神経(S3-4)⇒外膀胱括約筋(尿道起始部の先に存在)収縮

 

膀胱の神経支配(求心性神経)

骨盤神経:膀胱の伸展・収縮

下腹神経:膀胱三角の触覚、温度覚

 

膀胱の内圧―容量曲線

膀胱に尿がある程度の量に達すると、尿意を生じ排尿反射が起こる。これは膀胱の内圧と尿容量に関しており、両者の間には関係がある。

初期上昇期→約50mlまでは液量の増加にともない内圧は増加する。

膀胱内圧が15~20cmH₂O(150~200ml)に達すると初発尿意が生じる。

持続平坦期→約300mlまでは膀胱壁の弛緩拡張があるため内圧の増加認められない。

急速上昇期→さらに尿量が多くなると(400ml以上)、内圧が急激に増加する。

膀胱の容量は500~600mlであるが、これ以上の尿量になると膀胱壁の自動的な律動的収縮と下腹部痛を引き起こす。

 

蓄尿性反射

膀胱内に尿の貯留→膀胱内壁伸展→求心性情報(骨盤神経)→腰仙髄(排尿中枢)→遠心性(下腹神経)→膀胱を弛緩,内膀胱括約筋収縮→蓄尿

 

排尿反射

膀胱内に尿の一定以上貯留。膀胱内圧が上昇がしてくると、膀胱壁からの求心性刺激が骨盤内蔵神経を介して大脳皮質に達し、尿意をもよおす。大脳から交感および副交感神経を介して、まず排尿を止めるが、その後意識的に排尿を進める場合、副交感神経を介し膀胱の排尿筋の収縮と膀胱内括約筋の弛緩によって排尿が始まる。排尿筋の収縮は外膀胱括約筋の弛緩、尿道の拡張を引き起こし、排尿が継続する。この一連の反射が排尿反射である。この反射の中枢は腰髄や仙髄の下位中枢(脊髄膀胱中枢)とともに脳幹視床下部、大脳皮質の上位中枢に存在する。脳幹や視床下部は無意識的な排尿を、大脳は随意的な排尿に関与する。また排尿の時は、意識的に会陰筋などを弛緩させるとともに横隔膜や腹筋を収縮させて腹腔内圧を上昇せしめ、膀胱を圧迫しながら排尿を助けている。

(^q^)参考文献

医療学習レポート.排尿


スポンサード・リンク