スポンサード・リンク

(/ー ̄;)変形性膝関節症の話


(=_=)題名:変形性膝関節症の話

変形性膝関節症は変形性関節症のなかでも頻度の多い疾患である。古くから種々の因子で発症することが知られ、外傷や炎症の後遺症、あるいは全身性疾患の一分症として発症する二次性関節症と、従来単純に老化現象として考えられてきた一次性関節症があり、圧倒的に一次性関節症が多い。一次性関節症は、最近では軟骨の摩耗現象というよりも、二次的な結果像であるとする考え方も台頭してきている。つまり、下肢の骨性因子(下腿の内捻、内反膝、股関節や足関節・足部の機能不全)や膝関節の軟部組織的因子(半月損傷や靭帯障害による不安定膝)があると容易に変形性膝関節症は惹起され、また肥満との相関も極めて明確である。その他に職業、スポーツ、ステロイド剤の関節内注入、骨粗鬆症、遺伝などが進行因子に上げられる。

症状は膝関節痛、運動制限(特に屈曲拘縮)、大腿四頭筋の筋萎縮および跛行が主で、男女比は1対4で女性に多く発生している。中年以降の女性に多く、加齢により進行する。またアライメント異常により発生する股関節部、足関節・足部の疼痛も臨床上よく見かける。初期の膝関節症の特徴的な症状として、動作の開始時痛がある。これが進行し階段の昇降時や正座時などの特殊動作での疼痛が加わる。自発痛を訴えることは少ない。

わが国では膝内反変形が特に多くみられる。

 

変形性膝関節症のgrade (渡辺、伊丹による)

Grade X線所見(荷重X線正面像による)
 0 正常
 1 骨硬化像または骨棘
 2 関節裂隙の狭小化(3mm以下)
 3 関節裂隙の閉鎖または亜脱臼
 4 荷重面の摩耗または欠損(5mm以下)
 5 荷重面の摩耗または欠損(5mm以上)

 

1疼痛

初期の膝OAの特徴的な症状として、動作の開始時痛がある。これが進行し階段の昇降時や正座時などの特殊動作での疼痛が加わる。自発痛を訴えることは少なく、もしこれが高度の場合は、軟骨下骨の骨梁骨折や大腿骨内側顆部の骨壊死を考える必要がある。圧痛は内反型では内側関節裂隙に一致して認め、これが強い圧痛の場合は変性半月障害の合併を考え徒手検査でクリックの有無を確認する。X線上の変化の程度にかかわらず膝蓋・大腿関節に圧痛を認めることが多い。

 

2腫脹

初期でも水症を主訴とすることがあり、炎症の強さは膝OAの進行要因でもある。多くは数回の黄褐色の関節液を穿刺排出することで沈静化するが、そうでない場合は慢性関節リウマチや、その他の全身性炎症疾患を考え血液生化学検査を要する。穿刺確か混濁している場合は化膿性関節炎や偽痛風を考え、ステロイド薬の関節内注入の既往を確認し、穿刺液の培養や沈渣について検査が必要となる。また、疼痛のない多量の貯留を繰り返す場合は神経病性関節炎を考えなければならない。 外傷の既往がなく血性穿刺液の場合、血友病をはじめとする血液疾患について検討が必要であるが、高齢者の場合は高血圧と血管の脆弱化から特発性膝血症が多い。

 

3拘縮・変形

機能障害のうち訴えとしては正座の困難をはじめとする屈曲制限が多いが、発生頻度は伸展制限が高く早期から認める。一般に、内反型でO脚変形を認めるが、中には片側が外反のwindswept deformity を呈する例もある。

 

4その他

一般に徒手検査において高度の動揺性を認めることはないが、歩行立脚初期に膝が側方へずれを生ずるlateral thrust を早期から観察できる例がある。高度の例や中高年でも外傷後の例では歩行能力の低下も加わり筋萎縮を認める。

(^_-)参考文献

医療学習レポート.変形性膝関節症


スポンサード・リンク