スポンサード・リンク

(/ー ̄;)気胸の話


(ー_ー)!!題名:気胸の話

 気胸とは肺と胸壁との間の胸膜腔に空気の存在する状態である。通常、気胸は胸膜下にできた肺嚢胞が破れて起こるが、喘息などの慢性胸部疾患患者が強い咳をしたときにも起こる。年齢的には気胸は若い人に起こる事が多い。また、傷が胸膜を突き破り、胸膜を穿孔した場合にも起こる。これらの原因により胸膜腔は大気圧となるので、患側の肺は虚脱し、痛みと呼吸困難を伴う。さらに、進行し胸膜腔が陽圧となり心臓と縦隔が健側の肺の方に移動するものを緊張性気胸という。

症状

  1. 胸部の鋭い痛み
  2. 呼吸困難
  3. 不安感
  4. 微弱な頻脈(緊張性気胸)
  5. 血圧低下(緊張性気胸)
  6. 患側の正常な胸部運動の停止

検査

  • 胸部X-P: 虚脱した肺の程度、縦隔偏位の程度
  • 血液ガス分析

治療

 1.保存的療法

安静

穿刺脱気

胸腔ドレナージ

 2.手術療法(外科的療法)

VATS(胸腔鏡下)

開胸術

看護計画(胸腔ドレナージ)

病態アセスメント(胸腔ドレナージ)

 気胸は症状が軽妙な場合、空気は胸腔内から周囲の組織に次第に吸収されるので特別な治療を施さなくても肺は膨張する。しかし、肺虚脱の程度が著しく激しい痛み、呼吸困難が伴う場合は穿刺脱気、胸腔ドレナージを行う。患者はドレーンを挿入されることに対して不安を生じやすい。療法に関する正しい知識と理解をもてるよう患者に情報を与え、不安を軽減するように援助することが重要である。また、ドレーンパックの取り扱いについて十分な説明と指導が必要である。挿入中は、痛みが伴う、その痛みを最小限とし、生活しやすいように環境を整えていく必要がある。

看護計画(手術療法)

病態アセスメント(手術療法)

 手術療法は、再発を繰り返す例や、保存療法で肺拡張が十分でないもの、ブレブ・ブラの存在により換気障害を起こしているもの、外傷により血気胸を起こしているものなどに施行される。胸腔を開く場合は胸腔内圧の変化と肺への直接的な手術侵襲により、術後は換気容積の減少を招きやすく無気肺、肺炎などの合併症を起こしやすい。肺合併症の徴候を早期に発見し対処する必要がある。

(#^.^#)参考文献

医療学習レポート.気胸


スポンサード・リンク