スポンサード・リンク

ヽ(^。^)ノ上腕部と筋の話


「上腕部と筋」の画像検索結果

( ゚Д゚)題名:上腕部と筋の話

三角筋

起始:前部線維:鎖骨(骨幹:前縁および外側1/3の上面)

中部線維:肩甲骨(肩峰,外側縁,および上面)

後部線維:肩甲骨(肩甲棘後縁下唇より)

付着:上腕骨(外側骨幹にある三角筋粗面,上腕骨腱を介し)

機能:肩(肩甲上腕関節)の外転(側方挙上):主としては肩峰から起こる中部線維の働きで、前部と後部の線維はこの運動の際には上肢を片持梁(カンチレバー)様位置に固定する役目をする。

肩の屈曲と内旋(前部線維)

伸展(後方挙上)と外旋:後部線維

三角筋は上腕骨頭を上方に転移させる傾向がある。

肩の水平外転(後部線維)

肩の水平内転(前部線維)

神経支配:C5-C6腋窩神経(前枝)

 

鳥口腕筋

起始:肩甲骨、烏口突起(尖端)

筋間中隔

付着:上腕骨(骨幹内側縁に沿う中央付近)

機能:上腕骨の屈曲(前方挙上)

上腕の内転

神経支配:C5-C7筋皮神経

 

上腕二頭筋

起始:短頭:肩甲骨(烏口突起尖端)

長頭:臼上腕関節の関節包および臼唇

肩甲骨(臼腔の頂上にある関節上結節)

付着:橈骨(橈骨粗面のざらざらした表面)

幅広い上腕二頭筋腱膜が前腕屈筋上を被う深部筋膜と癒合します。

機能:両頭で:肘関節の屈曲

前腕の回外(強力な作用)

肩関節の屈曲(前方挙上)(弱い作用)

長頭:三角筋が働く際に上腕骨頭を肩関節臼に押し付け、固定支持、支点を確保します。

神経支配:C5-C6筋皮神経

 

上腕筋

起始:上腕骨(骨幹:前面の遠位2/3)

筋間中隔(中央1/2)

付着:尺骨(尺骨粗面および鈎状突起の粗な面,前面)

肘関節の前部靱帯

上腕二頭筋腱膜(ときどきあり)

機能:肘の屈曲,前腕回外または回内

神経支配:C5-C6筋皮神経

C7橈骨神経

 

上腕三頭筋

起始:長頭:肩甲骨(関節下結節)

臼上腕関節の関節包と混合する

外側頭:上腕骨(骨幹:後面の斜縁)

外側筋間中隔

内側頭:上腕骨(骨幹:全後面橈骨神経溝より遠位に下り、ほとんど滑車に到る)

内側および外側筋間中隔

上腕骨(内縁)

付着:三頭は合して共同腱をつくる

尺骨(肘頭,近位後面)

前腕筋膜

肘関節包

機能:肘関節伸展

長頭と外側頭:特に抵抗の加わったときの活動が大きい、それ以外にはほとんど活動がないです。

長頭:肩関節の伸展(後方挙上)と内転(補助的作用)

内側頭:すべての形の伸展時に働きます

神経支配:C6-C8橈骨神経(前枝)

「上腕部と筋」の画像検索結果

(^◇^)参考文献

医療学習レポート.上腕部と筋


スポンサード・リンク