スポンサード・リンク

ヽ(^。^)ノ大腿骨頸部内側骨折の話


「大腿骨頚部内側骨折」の画像検索結果

“(-“”-)”題名:大腿骨頸部内側骨折の話

大腿骨頸部内側骨折は最も治癒の難しい骨折として有名であるが、その理由には、

1.)関節内骨折なので、骨折部に外骨膜がないため骨膜性化骨が形成されず、また滑液が骨折部に流入して骨癒合が障害される。

2.)大腿骨骨頭部への血行は、主として頚部側から供給されるので、骨折によりこの血行が絶たれると骨頭側は阻血状態になるので骨折治癒能は頚部側のみとなる。

3.)骨折線は垂直方向に走りやすいので、両骨片間に剪断力が作用する。従って骨片は離開して骨癒合が阻害される。

4.)高齢者に多発するので、骨再生能力が低下している。

ことが挙げられる。

 

Gardenのステージ分類

骨頭の転位の程度による分類であり、StageⅠは不完全骨折(内側で骨性連続が残存しているもの)、StageⅡは完全嵌合骨折(軟部組織の連続性は残存しているもの)、StageⅢは完全骨折で骨頭回転転移(Weitbrechtの支帯の連続性が残存しているもの)、StageⅣは完全骨折で骨頭の回転転移なし(すべての軟部組織の連続性が絶たれたもの)とされている。

「大腿骨頚部内側骨折」の画像検索結果

( *´艸`)参考文献

医療学習レポート.大腿骨頸部内側骨折


スポンサード・リンク