スポンサード・リンク

ヽ(・∀・)ノ前庭の話


m(_ _)m題名:前庭の話

前庭は内耳に属し、平衡覚に関する受容器がある。

前庭の膜迷路には、大きい卵形嚢と小さい球形嚢があり、これらは細い管によって結ばれている。これらの嚢の内面には平衡感覚を感受する平衡斑が、卵形嚢には水平面上に、球形嚢では垂直面上にある。

平衡斑は聴覚器同様、感覚細胞と支持細胞からできている。感覚細胞は有毛細胞で、その小毛がゼリー状の膜の中に伸びている。この膜(平衡砂膜)は平衡斑全体を覆っており、その表面には炭酸カルシウムの小さな結晶(平衡砂)がある。

平衡斑の感覚細胞は、垂直あるいは水平方向の加速度や重力の変化に反応する。水平運動や垂直運動が起こると、平衡砂膜にかかる加速度や重力が変化する。このため、感覚小毛が屈曲し、機械的受容器である感覚細胞が興奮する。

 

前庭とは、内耳にある、平衡感覚を司る部分です。

三半規管で感知された情報は、内耳神経を伝って脳幹に伝わり、体のバランスを取っています。

前庭症状とは、種々の原因により前庭での感覚もしくは脳への伝達が障害を受けることによって起こる症状です。

発症した動物は平衡感覚を失って体のバランスをとれないようになり、よろよろし、転倒したり、斜頚・斜視、眼振をおこします。

(´;ω;`)参考文献

医療学習レポート.前庭


スポンサード・リンク