スポンサード・リンク

ヽ(・∀・)ノ牽引療法の話


(p_-)題名:牽引療法の話

直接転位:骨を直接牽引←物理療法では行いません。

介達牽引:皮膚を介して骨を牽引←物理療法で行います。

 

【目的】←9割の目的は痛みをとるために行われます。

1.骨折の整復固定

2.脱臼の整復

3.安静免荷←推間孔を拡大(効果は低いです)

4.変形の矯正・予防←腰痛前弯の減少(効果は低いです)

 

【効果】

1.推間関節周囲軟部組織の伸張

2.椎間板、推間関節の軽度の変形、変位の矯正

3.推間関節の離開

4.推間孔の拡大化

5.椎間板内圧の陰圧化

椎体前後靭帯の伸張による膨隆髄核の優位

6.筋弛緩

7.マッサージ効果による循環改善

←牽引で効果を出すには大きな力が必要になるが、牽引で行う力では弱すぎるため、効果をあげることは難しいです。

多くて10キロ体重の1/6ほどであるため、効果を高める事ができないです。

 

*頚椎牽引によって拡大する推間孔の広さ

20ポンド(約10kg):彎曲に変化なし

25ポンド(約13㎏):6/7人で推間孔拡大

45ポンド:身長が5㎜伸びた

 

牽引力:体重の1/10~1/6

時間:10~15分

 

*Fowler position

牽引力:20Kg~体重の1/2まで←腰椎を前弯させる

体重の26%以上の牽引力が必要

持続牽引:急性期 牽引力を弱くする

間欠牽引:慢性期

←使用時はパットなどを左右対称にしてつけ、ねじれがしょうじたりしないことです。

 

【禁忌】

1.脊椎の感染症

2.Osteoporosis

3.悪性腫瘍,骨メタ

4.症状が増悪する場合

(~_~;)参考文献

医療学習レポート.牽引療法


スポンサード・リンク