スポンサード・リンク

ヽ( ̄▽ ̄)ノ慢性関節リウマチと症状のQ&A


(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの臨床症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

誘因は20%の患者で見出せます。

主なものは感冒などの感染症、分娩、妊娠、外傷、手術、過労、離婚などのショックなどです。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの臨床症状である初期症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

発症は多くは潜行性で、手指の小関節、肩・膝などの大関節あるいは四肢の漠然とした痛みやこわばりではじまり、徐々に関節の自発痛、運動時痛、圧痛、熱感、腫脹などの炎症症状が現れてきます。

同時に、朝のこわばり、昜疲労性、全身倦怠感、食欲不振、体重減少、微熱などの不定の全身症状を大なり小なり伴っていることのほうが一般的です。

ときに、関節症状の出現する数週から数ヶ月以前にかかる全身症状やびまん性の筋肉痛が前駆症状として認められる症例もあります。

また、初期には関節症状が一過性に出現して、すぐに消失し、一定期間(数週から数ヶ月)経った後に対称性の多発関節炎が発生してくる症例もあります。

発熱と同時に多発関節炎が短期間以内に発生してくる急性型も約10%の症例で観察されます。

一般に若年者は手指の小関節(MP、PIP)から、高齢者は大関節(肩・膝)から発症する傾向があります。

罹患関節の“こわばり”も比較的高率に見られる症状で、朝の起床時に著名です。

したがって、“朝のこわばり”(morning stiffness)と表現されています。

これは朝、目がさめたときに、罹患部位とくに手・手指に“こわばった感じ”あるいは“はばったい感じ”として自覚され、手・手指の動作がぎこちなくなる状態です。

動かしたり、暖めたりしているうちに自然と軽減ないし消失してきます。

この“こわばり”は起床時のみにみられるものではなく、昼間でも長期間一定の姿勢を保っていると動かしてなかった罹患関節に生じてきます。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの臨床症状である関節症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

RAはすべての可動関節(滑膜関節)におこりうるが、初発関節は手指関節(MCP関節、PIP関節)、手関節、膝関節、足趾関節(MTP関節)が圧倒的に多く、特に手指関節と手関節を合わせると約半数を占めます。

多関節炎の型で発症するものが比較的多いが、単関節炎、多数関節炎の型でも、経過とともに徐々に左右対称の多関節炎型に変わってくることが多いです。

なお稀ではあるが、数年にもわたり、多関節炎(主に膝)または一側のみの偏側性関節炎にとどまっていることもあります。

疾患が完成されてくると、関節炎は肘、胸鎖、股、足、距骨下などの関節に及び、ときには顎関節とか、輪状披裂関節にも炎症がおきます。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの顎関節症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

罹患率はRA患者の70%と高く、咀嚼時の疼痛、開口制限、軋轢音、時に腫脹が認められます。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの輪状披裂関節(喉頭)症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

耳介部への放散痛、嚥下時の喉頭異物感、嗄声、喘鳴、時には呼吸困難をきたすこともあります。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの頚椎症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

正中および外側環軸関節の滑膜性炎症により横靭帯が弛緩すると環軸関節前方亜脱臼が生じ、大後頭神経痛、項部痛、眩暈、呼吸困難、四肢麻痺など危篤な症状の出ることがあります。

亜脱臼の程度はADLが目安となり、3mm内を正常、3~5mmを軽度、6~9mm以上を高度としています。

環椎が上下面より侵蝕され圧迫骨折をおこして潰れ、歯状突起が大後頭孔縁をこえて頭蓋内に陥入する中心性脱臼や下位頚椎で椎間関節のリウマチ性変化による動揺性頚椎、すべり、亜脱臼なども発生します。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの肩関節症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

上腕骨の上方亜脱臼forward shoulderがよく観察されます。

拘縮が発生しやすく、初期にはROM上回旋運動が制限されます。

また、三角筋萎縮、大胸筋スパズム短縮が出現しやすく、ADL面を考えると、屈曲制限は大きな阻害因子となります。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの肘関節症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

屈曲拘縮がおこるとともに、上腕二頭筋や上腕三頭筋の萎縮も発生しやすくADL上リーチの点で問題となります。

回内・外運動を行う橈尺骨関節の近位部は回外制限が起こりやすくなります。

遠位部は靭帯への炎症が及びやすく、尺骨の固定が不良となり茎状突起が外力により浮き沈みするような特有な症状を呈します。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの手部症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

最も罹患頻度が高く変形や骨破壊も多く発生します。

主な変形は以下のとおりです。

尺側偏位は、MP関節で尺側に屈曲します。

スワンネック変形は、PIP関節の過伸展、DIP関節の屈曲します。

ボタン穴変形は、PIP関節の屈曲、DIP関節の過伸展します。

ダックネック変形は、母指MP関節の屈曲、IP関節の過伸展します。

槌指は、DIP関節の屈曲変形します。

ムチランス変形(オペラグラスの手)は、関節端の高度の骨吸収のため軟部組織が緩み、指が短縮し、外力によって指が望遠鏡のように伸び縮みをします。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの股関節症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

滑膜組織に乏しいため初期関節としての罹患頻度は低いが、急激に関節破壊が進むことがあるので注意を要します。

血管炎、ステロイド剤の影響による骨頭壊死や、骨粗鬆症による臼蓋突出で破行や疼痛、高度の運動制限がおこり、ADL障害の原因となります。

また屈筋スパズムや殿筋、特に中殿筋の筋萎縮がおこりやすく、ROMは伸展、外転制限が早期に出現しやすいです。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの膝関節症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

罹患は約80%で、好発部位のひとつであり、機能障害も著名です。

ROM制限は屈曲・伸展ともに制限されるが、徐々に屈曲拘縮に至る傾向が強いです。

骨破壊が高度になると、脛骨後方亜脱臼、関節の動揺、強直が生じます。

筋萎縮としては特に内側広筋に著名で回復も遅滞します。

日本人の生活洋式では膝にかかる負担が大きくなりがちなため、関節炎としては難治となりやすいです。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの足部症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

病変の進行に伴い、手指と同様に変形が生じます。

中足骨頭の亜脱臼、ハンマー爪変形またはかぎ爪変形、外反母趾変形などです。

これらは、MTPおよびIP関節炎のため、関節包や靭帯が弛緩し、屈曲腱と伸展腱のバランスが乱れて生じます。

中足骨頭の亜脱臼(足底部へ)では疼痛性胼胝が生じ、著しい歩行障害をきたすことが多いです。

また外反母趾では普通の靴を利用できず、履物に苦労します。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの関節外症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

RAの病像で主役を演じるのはあくまでも関節病変であるが、本症が全身性の炎症性疾患とされるゆえんは、患者の70%以上に関節外病変が観察されるからです。

これらの病変は臨床的に前面にでることは少ないが、ときには関節炎そのものより患者の状態を左右したり、生命の予後にまで影響を及ぼすことがあります。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの関節外症状である全身症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

発熱がRAの活動性が高まると生じます。

その程度はまちまちであるが、微熱であることが多いです。

食欲不振、体重減少、易疲労性や全身倦怠感を伴うことも多いです。

“疲れやすい”とか“だるい”とかの症状はすべて患者が自覚しているもので、関節痛と同様に患者がつらいと訴える症状です。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの関節外症状である貧血とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

もっともよくみられる関節外症状で、多くは中等度の正球性正色素性貧血です。

女性では低色素性貧血の傾向がみられます。

一般的に貧血の程度はRA活動性の程度と比例し、RA活動性の消失とともに軽快します。

大量の消化管出血でもない限り、貧血による臨床症状は出現しないです。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの関節外症状であるリウマトイド皮下結節とその他の皮膚症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

リウマトイド皮下結節はRAに非常に特徴的な所見で、RAの約1/4の症状で認められます。

好発部位は肘頭部か前腕尺側部であるが、PIP関節、後頭部、仙骨部、脛骨前面、アキレス腱などの外力を受けやすい部位にも出現します。

リウマトイド結節は深部皮下組織にでき、その多くは骨膜や腱鞘などと癒着しているため、移動性がなく、無痛性で固い、円形ないしは楕円形の腫瘤としてふれます。

リウマトイド結節の中心の壊死巣が液化し嚢腫状になったり、そこに二次感染を起こして潰瘍化することもあります。

潰瘍を形成すると治癒が困難です。

このようなリウマトイド結節が皮下のみならず、滑膜、関節周囲組織、さらには肺・胸膜・心・眼・硬膜などの内臓に生じることもあります。

リウマトイド結節は関節炎の激しいRAの症例やその他の重篤な関節外症状を有する症例にみられることから、リウマトイド結節を認めたら全身の内臓臓器の検索をするとともに、その後の経過観察は慎重を期せねばならないです。

一般的に、RA患者の手掌は冷たく、汗ばんでいます。

罹病期間の長い症例では母指球と小指球に紅斑を認めることもしばしばあります。

早期にはレイノー現象もまれではあるが出現します。

晩期には皮膚は薄くなり光沢を呈します。

とくに、副腎皮質ステロイド剤使用例に顕著であり、皮下出血を伴っていることが多いです。

爪郭、爪縁または指頭に出現する黒褐色の阻血性小斑点は、指動脈炎に基づく指動脈閉鎖により生ずる小梗塞性病変です。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの関節外症状である肺病変とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

RAでみられる主な肺病変は胸膜炎、間質性肺炎(ないし肺線維症)および結節性肺病変で、その多くは滑膜炎の活動性の高いときに合併するが、必ずしも並行して出現するとは限らないです。

ときに、RAの発症に先立って上述の肺病変がみられることもあります。

中年以降の男性患者に出現頻度が高いです。

その他の肺病変としては、細気管支炎による気道の閉塞性病変や肺高血圧症、さらには金製剤、D-ペニシラミンや免疫抑制剤などの薬剤による肺病変や肺感染症があげられます。

一般的に羅患期間が長ければ長いほど種々の肺病変が出現しやすくなります。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの関節外症状である心病変とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

部検ではRAの40%に何らかの心病変がみられ、その障害部位は心外膜、心筋と心内膜とすべてに及びます。

しかし、臨床的に所見を呈することは少ないです。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの関節外症状である眼病変とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

RAに合併する主な眼病変は3つあります。

乾燥性角結膜炎はシェーグレン症候群の一症状で、早期のときは無症状のことが多いです。

紅彩炎や紅彩毛様体炎は若年性関節リウマチで問題になる合併症であるが、RAではとくに頻度が多いものではないことから、あまり重視されていないです。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの関節外症状である末梢神経障害とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

末梢知覚神経障害と混合性知覚・運動神経障害とに2大別されます。

前者は比較的頻度が高く、足のしびれで代表される四肢末端の知覚障害が主体です。

通常左右対称で、軽度の痛覚鈍麻と振動覚の消失があるが、位置覚はよく保たれています。

リウマトイド結節を有し、羅病期間は10~15年の比較的高齢者によくみられます。

後者は栄養血管の壊死性血管炎による末梢神経の虚血性病変に基づくものです。

頻度は低いが、急性に発症し、進行性で、重篤です。

単神経炎または多発性単神経炎の形をとります。

尺骨神経、腓骨神経などをおかし、鷲爪手や下垂足などの完全運動神経麻痺と知覚脱失を起こします。

生命に対する予後も悪いです。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの関節外症状である圧迫性神経障害とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

関節近傍の弾力性のない組織に炎症が波及したり、浮腫が生ずると、その部を通過している神経が圧迫されて神経障害が起こります。

手根管で正中神経が圧迫されるのが手根管症候群です。

肘関節病変で尺骨神経麻痺やまれではあるが橈骨神経麻痺とか、後骨間神経麻痺が起こります。

膝部腓骨頭部の病変で前脛神経麻痺が起こり、下垂足を生じます。

足根管の病変では後脛神経麻痺が起こります。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの関節外症状である頚髄病変とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

環軸関節の前方亜脱臼は20~40%の患者に認められるが、無症状のことも多いです。

神経症状としては後頭神経領域の疼痛が多いが脊髄圧迫による重篤な症状をきたすこともあります。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの関節外症状である血管炎とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

細小動脈の動脈炎は、重症RAで、血清RF値の高い、皮下結節をともなった例に多くみられ、臨床的には爪郭部の小出血、皮膚の難治性潰瘍を生じます。

RAの血管炎は皮膚以外にもいろいろな臓器に起こりますが、結節性多発動脈炎とは異なり、腎に血管炎が起こることはまれです。

 

(;;◕ω◕;)💭question

慢性関節リウマチの関節外症状である腱鞘炎とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

手、足の伸展腱によくみとめられています。

腱鞘炎が長く続くと、橈骨のリスター結節あるいは尺骨末端の背側亜脱臼のよる磨耗現象と相まって、長母指伸筋腱や小指および環指伸筋腱の断裂をきたすことがあります。


スポンサード・リンク