スポンサード・リンク

(*^.^*)小児と発達段階の話


「小児と発達段階」の画像検索結果

●身体的特徴

(1)形態的特徴

・体重:

2000年(平成12年)乳幼児身体発育調査によれば、出生体重中央値は男児3.00kg、女児2.95kgであるのに対し、生後3~4ヶ月ではその約2倍、1年では約3倍になる。とくに、月齢が小さい子供ほど1日の体重増加量は大きい。

 

小児の体重増加量と体重計の選択(乳児)

年齢 体重増加量 体重計の選択基準
1~3ヶ月 25~30g/日 感量10g以下
3~6ヶ月 20~25g/日
6~9ヶ月 15~20g/日 感量10~50g以下
9~12ヶ月 7~10g/日

 

・身長:

出生時の身長の中央値である男児49.0cm、女児48.5cmに比較し、出生後1年では、男児75.4g、女児73.8cmと出生時の約1.5倍になる。

・頭囲と大泉門:

頭囲の出生時中央値は男児33.5cm、女児33.0cmであるのに対して、1年で男児46.2cm、女児45.0cmとなる。頭囲は脳の重量とともに乳児期に著しく増加する。また、大泉門ははじめの数ヶ月は増大するが、その後は縮小して1歳半までに閉鎖する。

大泉門の膨隆は髄膜炎や脳炎、脳腫瘍などによる脳圧亢進の症状として、大泉門の陥没は脱水症の重要な徴候として、それぞれ注意が必要である。

・胸囲:

出生時の胸囲の中央値は男児が32.0cm、女児が31.8cmで、頭囲よりやや小さいが、その後、胸内臓器の発育と胸部の皮下脂肪の増加に伴って増加し、頭囲より大きくなる。

 

(2)身体生理の特徴

・呼吸機能

脈拍数が少なく、肺胞表面積が小さいが、体重当たりの酸素消費量は多いため、1分間の呼吸数は成人より多い。呼吸中枢の未熟性、上気道が狭いことなどにより呼吸困難になりやすい。肋骨は水平位であり、呼吸の型は腹式呼吸となる。

・脈拍・心拍

1分間の心拍数は、1回の拍出量が少ないために成人より多く、体温や活動などの影響を受けやすい。

・血圧

年少児ほど心拍出量は少なく、血管の弾力性があるため、血圧は低い。

・体温

乳児は新陳代謝が盛んなために、成人に比較して体温は高い。体温調節中枢の未熟性、体表面積が大きいこと、皮下脂肪組織が少ないこと、発汗機能の未熟性により、環境温の影響を受けやすく、日内変動も認められる。

・血液

出生時の多血傾向は、その後、赤血球や血色素の減少が認められ、生後3ヶ月ごろに最も減少する。出生直後の血小板はやや多いが、生後3ヶ月ごろに成人とほぼ同じになる。

・咀嚼・消化機能

吸啜反射の消失に伴い、捕食・咀嚼・嚥下による食べる機能を獲得していく。乳歯は生後6~8ヶ月頃から生え始める。乳児期の胃の噴門や幽門は未発達なため、乳汁を戻しやすい(溢乳)。胃容量は小さく、消化液の分泌は不十分なため、消化吸収能力も未熟である。

「小児と発達段階」の画像検索結果


スポンサード・リンク