スポンサード・リンク

(#^.^#)小腸と大腸の話


(´Д` )題名:小腸と大腸の話

小腸について

多くの栄養素の消化と吸収は小腸で行われるため、その構造は吸収に適するように特殊化している。

長いだけでも消化と吸収の表面積は広くなるが、輪状ヒダ、絨毛、微絨毛により、さらに広くなっている。

小腸は胃の幽門括約筋のところから始まり、コイル状に腹腔の中心部と下部をとおり、最終的には大腸に開口する。

その直径は2.5cmで長さは約3mである。

 

小腸の機能

分節運動によって、糜粥びじゅくと消化液が混ぜられ、吸収する粘膜と接触させられる。

蠕動ぜんどう運動によって糜粥びじゅくは小腸に移送させられる。

炭水化物、蛋白質、脂質が完全に消化される。

核酸の消化は小腸で始まり、そこで終わる。

消化器系を通過する栄養素と水の約90%を吸収する。

 

大腸について

大腸は消化管の最終部位である。

大腸全体の機能は、吸収を完結し、ある種のビタミン類を生成し、便を形成し、それを体外に排泄することである。

長さ約1.5m、直径6.5cmの大腸は回盲弁から肛門まで伸びている。

それは2枚の腹膜からなる結腸間膜で一部、後腹壁に付いている。

構造的には、盲腸、結腸、直腸、肛門管の4つの領域からなる。

 

大腸の機能

膨起流、蠕動運動、総蠕動運動によって、結腸の内容物を直腸に送り込む。

大腸内細菌は、蛋白質をアミノ酸まで分解し、ビタミンB類やビタミンKを産生する。

いくらかの水と、イオン、ビタミン類を吸収する。

便形成。

排便(直腸を空にする)。

(  ;∀;)参考文献

医療学習レポート.小腸と大腸


スポンサード・リンク