スポンサード・リンク

(*^.^*)強迫の話


(^ω^)題名:強迫の話

自分ではどうすることもできないある種の考えにとらわれ(強迫思考)、種々の行動障害(強迫行動)がおこり、このために日常生活が困難になってくるような状態を強迫性障害という。

このような状態の中心となるのが、強迫観念であるが、次の特徴を持つ。

 

●自己の意図や信念に抗して常同的な形で、繰り返し浮かんでくる。

●ほぼ常に苦悩をもたらすものであり、そのように考えることが不合理であることがよくわかっている。

●多少とも不安を伴い、押さえつけようとすると、不安はさらに増加する。

●本人の意志に反しているが、自身の思考として認識される。

 

ここまでいかなくても、いつものある考えが心の中に優位を占め、なかなか振り払えない場合、それを過価観念という。

この場合には今述べたように、他の考えに勝って心の中にある考えが存在しているわけであるが、強迫的な要素はない。

以上のような強迫観念がさらに発展すると、ある種の行動を実行しないではいられず(強迫行動)、また実行することによって不安が除かれるようになる。

強迫性障害は、男女で同頻度にみられ、基礎となっている人格には、しばしば顕著な強迫的な特徴が存在する。

発症は通常小児期か成人早期である。経過は様々であるが、慢性化しがちである。

o(^o^)o参考文献

医療学習レポート.強迫


スポンサード・リンク