スポンサード・リンク

(^^;形態学と老化の話


(´Д` )題名:形態学と老化の話

老とは?

寿命とは?

最長寿命とは?

寿命と老化はと きに混同して用いられているが, 別の概念である。

老化とは、生物個体が生を受けてから後、死までの間、発育から成長を経て、成熟のピークから死までの、連続した、しかし不可逆的な過程を生物学的老化の過程という。

寿命とは、ある個体が生を受けてから死までの期間、あるいは死んだ時の年齢をいう。

個々の寿命を集団について平均したのを平均寿命という。

その集団中最も長命な個体の寿命を最長寿命という。

一般的には天寿という表現も用いられる。

 

分子レベルから老化の発現を考えると、DNA(デオキシリボ核酸)の損傷、損傷DNAの修復機能の低下、遺伝暗号解読の誤りなどが年齢とともに経時的におこる。

細胞レベルでの老化は、形態学、生化学、生理学など、それぞれの研究領域でみいだされている。

組織・臓器レベルにおいては、神経系、心臓血管系など六つの領域において考察が進められている。

個体レベルで老化をみると、適応反応や尿排泄(はいせつ)、体温、代謝などのホメオスタシス(恒常性)調節能に変化が認められる。

 

抗加齢医学がエイジングの原因と考えているのは「遺伝子に異変が起きる」「細胞機能が低下する」「フリーラジカルにより身体が酸化する」「ホルモン低下」「酸化ストレス」「免疫力低下」などです。こうした基礎的研究は各分野で急速に進んでいるそうですが、まだ老化のメカニズムは解明されていないそうです。

(*´ω`*)参考文献

医療学習レポート.形態学と老化


スポンサード・リンク