スポンサード・リンク

(*^-^*)放射線療法と乳癌患者の話


(@_@;)題名:放射線療法と乳癌患者の話

適応

 乳癌の放射線治療は、局所療法の一つである。局所進行例に対し手術をせず、姑息的に放射線治療のみで加療する場合もあるが、手術不能例以外、手術に放射線療法を加えたほうが成績が良いので術後の補助療法の一つとして行なわれる場合がある。乳房温存手術を行なった後の残在乳腺に対しては必須の治療である。また、切除不十分(郭清不十分)と思われるような、進行乳癌に対し行なわれることもある。再発臓器として最も多いのは骨で、次いで体表リンパ節、肺、手術局所、肝臓、皮膚である。そして,局所再発症例や遠隔転移巣の治療にも対症療法として放射線療法を行なうことが多い。とくに、脳転移・肺転移・骨転移・肝転移等に対して放射線療法は患者の苦痛を軽減させる手段としてすぐれている。

感受性

 乳癌の放射線感受性は、組織型が腺癌であるが、比較的高い。感受性は、腫瘍のサイズに左右される。50Gy/5週で局所制御が可能であり、腫瘍サイズが大きくなるにつれて局所制御線量が増加する。乳房全体へ60Gy/6週照射すると繊維化による乳房萎縮が、高度となるとされている。正常組織の障害が許容される範囲内で腫瘍が根治されなければならない。

照射方法

 乳房への照射は、通常4MVライナックX線を用いて、接線の対向2門で行なわれる。
照射中は患肢の挙上が必要なため、術後照射を早期に開始(補助照射が必要な場合、術後6週以内が望ましく少なくとも16週以内に開始すべきである。)させるためには、リハビリが重要な意味をもつことになる。

照射線量

 術後温存乳房への1回の腫瘍線量は2Gyで週5回、総腫瘍線量は、45~50Gyが標準であり、その後断端に10Gy程度追加照射が行なわれる。腋窩リンパ節に転移を認めなかった場合、乳房への照射で十分である。
根治的手術の術後照射の場合は、鎖骨上・下窩、胸骨傍リンパ節を照射、前1門、1回の線量は2Gyで週5回、総線量は、50Gyである。腋窩リンパ節に転移を認めた場合,4個以上のリンパ節を認めた例は、予後は不良で、強力な化学療法を先行し、予定コ-ス終了後に乳房照射を行なう。転移リンパ節が3個以下の場合、経口化学療法と放射線照射を併用する。

副作用

 全身的には、全身倦怠感、食欲不振、悪心などの放射線宿酔症状が起こりうる。しかし乳房の術後照射においては接線2門照射が用いられるため、骨髄への影響は少なく、骨髄抑制が出現するのはまれである(経口化学療法が併用される場合は出現することもある)
局所的には照射野の皮膚が、放射線により基底細胞の障害を受け、20~30Gy照射された頃より放射線皮膚炎を起こしやすい。乳癌では、乳房、胸壁など比較的身体の表面に近い部分へ照射が行なわれるため、皮膚炎は強く起こりやすい。その他まれに、放射線肺臓炎や心外膜炎を起こす場合もある。
また、照射終了後にも、湿性皮膚炎の持続がみられたり、照射終了後から、多くは6か月後に、放射線による高度な皮膚の瘢痕により、末梢血管障害から局所の栄養障害を起こし、皮膚潰瘍や壊死などの晩期障害をおこすこともある。

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 乳癌の術後照射の場合、放射線照射による全身的影響は少ないものの、放射線皮膚炎を起こしやすいので、そのため、治療早期より照射部位の皮膚症状の把握を行なう。乳癌の放射線治療を受ける患者は、照射中乳房を露出しなければならない。このことは、強く羞恥心を伴う場合があると考えられるために、早期より患者の治療に対する思いや不安の把握、不安に起因する身体症状の観察を行い、配慮することが大切である。また、放射線治療が終了しても、放射線の影響や再発に対して不安をもつことがあるため、患者や家族のこれらに対する思いの把握を行なっていく。

((+_+))参考文献

医療学習レポート.放射線療法と乳癌患者


スポンサード・リンク