スポンサード・リンク

(*^-^*)整形外科の話


(´・ω・`)題名:整形外科の話

整形外科は身体の運動器を専門に扱う診療科です。

例えば外傷による骨折、捻挫など。

病気や疾病としての腰痛、肩こり、関節痛、五十肩、椎間板ヘルニア、リウマチ、骨粗鬆症など色々扱います。

一般の方でも症状としてはとらえやすい反面、疲れや加齢のためと判断して放置してしまいやすいです。

そのまま放置していますと手術を余儀なくされたり大変なことに繋がる可能性があります。j

自覚症状あれば早期に受診を考えましょう。

 

整形外科とは、人体の運動器官の病気や外傷(ケガ)を取り扱う医学の一部門です。

背骨・手・足など、全身の運動器官を造りあげている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患(生まれつきの奇形など)を治療し研究する学問です。

できるだけ運動機能を、元通りにする(運動機能回復)。

そして整形外科の治療は、単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目的とします。

不幸にして、運動機能の回復が十分に得られなかったとしても、残った機能を最大限に活用して、元の状態に出来るだけ近く機能を回復させることも、整形外科の大きな役割です。

勿論、この際リハビリテーション医療との協力が必要なこともあります。

( ´ ▽ ` )参考文献

医療学習レポート.整形外科


スポンサード・リンク