スポンサード・リンク

(#^.^#)睡眠時無呼吸症候群の話


「睡眠時無呼吸症候群」の画像検索結果

( ^)o(^ )題名:睡眠時無呼吸症候群の話

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が頻回に停止する疾患である。

10秒間の無呼吸時間が一晩に30回以上出現するものと定義される。

無呼吸時の呼吸努力によって次の3つのタイプにわけられる。

 

閉塞型:無呼吸中に呼吸努力が認められ、胸郭と腹壁は奇異運動を示す

中枢型:呼吸中枢から呼吸筋への出力が消失するため、胸郭および腹壁の動きがなくなる。

混合型:両者が混在する型。

このうち最も多いのは閉塞型である。

 

睡眠中の症状としてはいびきが特徴的であり、特に間欠的ないびきが高頻度にみられる。

その他、異常な体動、頻回の覚醒、頻尿、夜間尿がみられる。

覚醒時の症状としては、起床時の頭痛、日中の傾眠傾向、顕著な場合には居眠りのために仕事の能率が低下し、自動車事故の原因になるなど社会問題を伴っている。

また、記憶力低下や性格の変化などの精神症状、性欲の減退、ADLの低下などがみられる。

主な内科的治療は、体重減量、睡眠時の体位変換などの一般的療法に加えて、酸素吸入、鼻腔持続陽圧呼吸、マウスピース装着法などがある。

現代人に多いと言われていますね。

「睡眠時無呼吸症候群」の画像検索結果

(^◇^)参考文献

医療学習レポート.睡眠時無呼吸症候群


スポンサード・リンク