スポンサード・リンク

(#^.^#)筋肉と骨格筋の話


「筋肉と骨格筋」の画像検索結果

((+_+))題名:筋肉と骨格筋の話

骨格筋(Skeletal muscle)

平滑筋(Smooth muscle)

心筋 (Cardiac muscle)

 

・人体には400個あまりの骨格筋がある。

・骨格筋重量は体重の40~45%を占める。

・骨格筋は中枢神経の指令で収縮を行う。まず運動神経のインパルスは神経筋接合部を介して筋線維を興奮させる。筋線維の興奮は、細胞内へ波及し筋小胞体からCaを放出させ細胞内のCa濃度を増加させる。Caがトロポニンに結合すると収縮タンパク質のアクチンとミオシンがATPの化学エネルギーを消費して、収縮反応を行う。ついで筋小胞体はCaを能動的に取り込み弛緩をもたらす。

・筋線維とは屈折率の差による横紋があり、骨格筋に心筋と共に横紋筋に分類。

・遅筋繊維はミトコンドリアやミオグロビンが多く、有酸素的エネルギー産生も多く持久力がある。脂肪代謝に関係する酵素も多い。

・姿勢維持には長時間にわたる筋の収縮が必要となる。つまり姿勢維持に働く筋は赤筋に多い。例えばヒラメ筋は赤筋繊維が多いので下肢の姿勢維持に使われる。

・遅筋は姿勢維持に働く。

・速筋は敏速な運動に働く。

・外眼筋:7.5msec

・腓腹筋:30msec

・ヒラメ筋:100msec

・筋繊維には屈折率の差による横紋があり、骨格筋は伸筋とともに横紋筋に分類される。

「筋肉と骨格筋」の画像検索結果

(@_@;)参考文献

医療学習レポート.筋肉と骨格筋


スポンサード・リンク