スポンサード・リンク

(*^.^*)肺小細胞癌の話


(#^.^#)題名:肺小細胞癌の話

わが国における死因の第1位は悪性新生物であり、その中でも肺癌の死亡率は男性で胃癌を抜いて第1位、女性でも第3位となっており、年々増加傾向にある。

また、これまでの国内外で行われた多くの疫学的・実験的研究から、肺癌の危険因子として喫煙が関係していることが明らかにされている。

肺小細胞癌は、肺癌の約15%を占める肺の気管支粘膜下にできる癌であるが、増殖が速く早期に遠隔転移を起こすため、進行癌で発見されることが多い。

しかし、悪性度が高いにもかかわらず、抗癌剤に感受性が高いため、その治療は化学療法を第一選択とする。

 

肺がんは、小細胞がんと非小細胞がんの2つに大きく分けられます。

小細胞肺がんは、肺がんの約15〜20%を占め、増殖が速く、脳・リンパ節・肝臓・副腎・骨などに転移しやすく悪性度の高いがんです。

しかし、非小細胞肺がんよりも抗がん剤や放射線治療の効果が得られやすいと言われています。

 

非小細胞肺がんは、小細胞がんではない肺がんの総称で、肺がんの約80〜85%を占めています。

腺がん用語集アイコン 、扁平(へんぺい)上皮がん用語集アイコン 、大細胞がんなど、多くの異なる組織型があり、発生しやすい部位、進行形式と速度、症状などはそれぞれ異なります。

いずれの場合も化学療法や放射線治療で効果が得られにくく、手術を中心とした治療が行われます。

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.肺小細胞癌


スポンサード・リンク