スポンサード・リンク

(*^-^*)血液・腹膜透析の原理の話

「血液・腹膜透析の原理」の画像検索結果

( ;∀;)題名:血液・腹膜透析の原理の話

●血液透析

血液透析システムは、半透膜の透析膜を収納した透析器(ダイアライザ)と、患者からの血液取り出し口であり、再び体内への戻し口でもあるブラッドアクセス、および透析液から構成されている。

・溶質除去

腎不全時に生体内に蓄積する溶質、たとえば尿素、クレアチニン、尿酸、グアニジン誘導体や過剰の電解質は、半透膜の膜孔を通過できるものであれば、濃度の高いほうから低いほうに移行することによって除去される(拡散)。

・除水

水は小さな分子なので、透析膜を自由に通過させるためには、透析液側の浸透圧をたかめて浸透圧勾配を形成するか、血液側と透析液側にかかる水圧の差を利用して行う(限外濾過)。

血液中に貯留した物質や電解質は拡散によって透析液中に移行させ、水は浸透圧差と限外濾過によって透析液中に移動する。

 

「血液・腹膜透析の原理」の画像検索結果

( *´艸`)参考文献

医療学習レポート.血液・腹膜透析の原理

スポンサード・リンク