スポンサード・リンク

(*´-`)運動自由度の話


「運動自由度」の画像検索結果

“(-“”-)”題名:運動自由度の話

運動学的には関節のもつ機能が重要な要素となり、許容される運動軸の数によって、1軸性・2軸性・多軸性関節に分ける。それぞれの運動自由度を1度・2度・3度の関節と呼ぶ。関節を作る骨の数によって、2個の骨によるものを単関節、3個以上の骨によるものを複関節という。

 

1軸性関節 運動軸は1つであり、1つの面だけの運動が可能な関節である。

蝶番関節:運動軸は骨の長軸に直角で、1方向だけの運動が行われる(指節間関節)

らせん関節:蝶番関節の変形とみるべきもので、一方向の関節面が隆起、他方が溝状となる。運動軸は骨の長軸と直角ではなく、鋭角で交わり、運動はらせん状となる。(腕尺関節、距腿関節)

車軸関節:骨の長軸のまわりに、車軸のような回転運動だけが可能な関節である(上腕尺関節、環軸関節)

 

2軸性関節 2つの運動軸をもち、2つの面で運動が起こる。2つの組合せと分廻し運動が可能な関節である。

顆状関節:関節頭が楕円形、関節窩がこれに対応したくぼみをなすもので、関節頭の長短両軸のまわりに動く。その形状から楕円関節ともいう(環椎後頭関節、橈骨手根関節、中手指節間関節、顎関節)

鞍関節:相対する関節面が鞍を背中合わせにしたような形で適合している(第1手根中手関節)

 

多軸関節 運動の面と軸が無数にあり、あらゆる方向への運動が可能な関節である。

球関節:関節頭がほぼ半球状、関節窩は浅いくぼみになっている(肩関節、股関節)

臼状関節:股関節は肩関節に比べると、関節窩が深く骨頭のほぼ3/4を収め、関節の可動範囲は狭められている。股関節のことを臼状関節ということがある。

 

平面関節:相対する関節面が形も大きさもほぼ同じ平面である。関節包と靭帯で固く囲まれ、運動は著しく制限される(椎間関節、肩鎖関節、手根間関節、足根関節)

半関節:平面関節の一種で関節面が平面ではなく、しかも関節面がよく適合するために、運動範囲は平面関節よりも、さらに小さい(仙腸関節)

 

蝶番関節:運動軸は骨の長軸に直角で、1方向だけの運動が行われる(指節間関節)。手関節は楕円関節である。

車軸関節:骨の長軸のまわりに、車軸のような回転運動だけが可能な関節である(上腕尺関節、環軸関節)。腕尺関節は蝶番関節である。

顆状関節:関節頭が楕円形、関節窩がこれに対応したくぼみをなすもので、関節頭の長短両軸のまわりに動く。その形状から楕円関節ともいう(環椎後頭関節、橈骨手根関節、顎関節)

鞍関節:相対する関節面が鞍を背中合わせにしたような形で適合している(第1手根中手関節)。距腿関節はらせん関節(蝶番関節)である。

球関節:関節頭がほぼ半球状、関節窩は浅いくぼみになっている(肩関節、股関節)。環軸関節は車軸関節である。

「運動自由度」の画像検索結果

!(^^)!参考文献

医療対策レポート.運動自由度


スポンサード・リンク