スポンサード・リンク

(^◇^)前腕部と筋の話


「前腕部と筋」の画像検索結果

肘筋起始:上腕骨(外側上顆、後面)

肘関節関節包。

付着:尺骨(肘頭、外側部、および骨幹の上1/4の後面)

機能:肘関節の伸展(補助的作用)

神経支配:C6-C8橈骨神経

 

腕橈骨筋

起始:上腕骨(顆上外側縁の近位2/3)、外側筋間中隔(前部)

付着:橈骨(骨幹の茎状突起のすぐ近位までの外側)

機能:肘関節の屈曲

注:この筋は伸筋とともに進化発達してきた筋であり、橈骨神経支配を受けているが、その作用は前腕屈筋である。この筋は前腕完全回外位では活動が弱い。その理由は、肘関節の前面を横切るより外側をまたいでいるからである。前腕がある程度回内したときに最も効果を発揮する。

神経支配:C5-C6橈骨神経(ときどきC7の支配も受けるといわれる)

 

長掌筋

起始:上腕骨(共同屈筋腱により内側上顆より)

筋間中隔および深部筋膜

付着:屈筋支帯(遠位)、手掌腱膜

筋索が短い母指筋に及んでいることも多い

機能:掌側面筋膜の緊張(手掌筋膜および皮膚に着く)

手根の屈曲(弱いか疑わしい)

肘関節の屈曲(弱いか疑わしい)、母指の外転

神経支配:C7-C8正中神経

 

回外筋

起始:上腕骨(外側上顆)、肘関節の外側側副靱帯

上橈尺関節の橈骨輪状靱帯、尺骨(尺骨体後面、回外筋稜)、回外筋腱膜

付着:橈骨(粗面および斜線:近位1/3の外側面)

機能:前腕の回外

神経支配:C6-C7橈骨神経(後骨間枝)

円回内筋

2つの頭をもつ

起始:上腕骨頭(表在性でより大きな頭):

骨幹内上顆より近位

前腕屈筋の起始の共同腱

筋間中隔、前腕筋膜

尺骨頭(深頭):

尺骨内側の鈎状突起

上腕頭の腱と合体する

付着:橈骨(骨幹:中央の外側面)

機能:前腕の回内

肘関節の屈曲(副次的作用)

神経支配:C6-C7正中神経

 

方形回内筋

起始:尺骨(骨幹:斜縁、遠位1/4の前面かつ内側面)

筋の中央1/3を被う腱膜

付着:橈骨(骨幹:遠位1/4の前面、深部筋線維は尺骨切痕の上の幅狭い三角形の部分へ)

機能:前腕の回内

神経支配:C7-C8正中神経(前骨間枝)

 

橈側手根屈筋

起始:上腕骨(共同屈筋腱により内側上顆へ)、筋間中隔、前腕筋膜

付着:第2と第3中手骨(底、掌側面)

機能:手関節の屈曲

手関節の橈屈(外転、橈側屈曲)

ゆびの伸展(腱性固定作用)

肘関節の屈曲(弱い補助的作用)

前腕の回内(弱い補助的作用)

神経支配:C6-C7正中神経

 

尺側手根屈筋

2つの頭をもつ

起始:上腕頭:上腕骨(共同屈筋腱により内側上顆より)

尺骨頭:尺骨(肘頭、内側縁および骨幹:腱膜を介し後縁の上2/3)

筋間中隔

付着:豆状骨、有鈎骨(鈎)、第5中手骨(ときに第4)、屈筋支帯

機能:手関節の屈曲

手関節の尺屈(内転、尺側屈曲)

肘関節の屈曲(補助的作用)

神経支配:C7-T1尺骨神経

浅指屈筋

2つの頭をもつ

起始:上腕尺骨頭:上腕骨(共同屈筋腱により内側上顆より)

尺骨(肘関節の尺側側副靱帯)

尺骨(鈎状突起、内側)

筋間中隔

橈骨頭:橈骨(橈骨体前面の斜線)

付着:4本の腱から2つの対ができている:

浅対:中指と環指(中節の両側)

深対:示指と小指(中節の両側)

機能:第2から第5のゆびのPIP関節の屈曲

第2から第5のゆびのMP関節の屈曲(補助的作用)

手関節の屈曲(副次的作用、殊に力強い握り動作の際起こる)

神経支配:C8-T1正中神経

 

深指屈筋

起始:尺骨(骨幹:前面と内面の上方3/4、また鈎状突起、腱膜を介して内側へ)

骨間膜

付着:4つの腱に分かれて終わる:

第2から第5のゆび(末節骨、掌側面および底)。示指への腱はその走り方が独立している。

機能:第2から第5のゆびのDIP関節の屈曲

第2から第5のゆびのMP関節およびPIP関節の屈曲(補助的作用)

手関節の屈曲(副次的作用)

神経支配:第2と第3のゆびに対しては、C8-T1正中神経(前骨間神経)

第4と第5のゆびに対しては、C8-T1尺骨神経

長橈側手根伸筋

起始:上腕骨(外側顆上縁の遠位1/3)

外側筋間中隔

共同伸筋腱

付着:第2中手骨(底の背面橈側)、ときに筋索が第1および第3中手骨に及ぶ。

機能:手関節の伸展(背屈)と橈屈

手関節を固定することにより指屈曲の共同作用を営む。

肘関節屈曲も助ける。

神経支配:C6-C7橈骨神経(外側筋枝)

 

短橈側手根伸筋

起始:上腕骨(共同伸筋腱により外側上顆より)

肘関節の橈側側副靱帯

腱膜鞘ならびに筋間中隔

付着:第3中手骨(茎状突起より遠位の橈骨側の底の背面)

筋束を第2中手骨底に送る

機能:手関節の伸展(背屈)

手関節の橈屈(橈側屈曲)(力としては弱い)

指屈曲の共同作用(手関節固定作用により)

神経支配:C7-C8橈骨神経(後骨間枝)

尺側手根伸筋

起始:上腕骨(共同伸筋腱を介し外側上顆より)

尺骨(尺側手根屈筋と深指屈筋に共通する腱膜により後縁より)

上を被う筋膜

付着:第5中手骨(底尺側の結節)

機能:手関節の伸展(背屈)

手根の尺側偏位(内転、尺側屈)

神経支配:C7-C8橈骨神経(後骨間枝)

指伸筋

起始:上腕骨(共同伸筋腱により外側上顆より)

筋間中隔、前腕筋膜

付着:第2から第5のゆび:遠位で4本の腱に分かれ、末節骨および中節骨の上の腱拡大部に着く。

中間束:中節骨

側束:末節骨(第2から第5のゆびの底の側面)

機能:MP(中手指節間関節)および近位(PIP、近位指節間関節)および遠位(DIP、遠位指節間関節)各関節、第2から第5のゆびまでの伸展。

指伸筋は背側腱拡大部を介して通り過ぎ、どの関節もまた全関節も伸展しうる。

指伸筋の独立運動:背側腱拡大部を近位に動かすことにより、MP(中手指節間関節)(基節骨)を過伸展する。

MP関節が内在筋により軽く屈曲したときにIP(指節間)関節(中節骨および末節骨)を伸展する。

手関節伸展(副次的作用)

環指、示指、小指を伸展位で外転する。ただし中指に対してはそのような作用は持たない。

神経支配:C7-C8橈骨神経、後骨間枝

 

示指伸筋

起始:尺骨(長母指伸筋の起始より下の骨幹の後面)

骨間膜

付着:示指(第2番目のゆび)(エクステンサーフード〔腱帽〕)

機能:示指のMP関節の伸展

IP関節の伸展(内在筋と共同で)

示指の内転(副次的作用)

手関節伸展(副次的作用)

神経支配:C7-C8橈骨神経、後骨間枝

 

小指伸筋

起始:上腕骨(共同伸筋腱により)

筋間中隔

前腕筋膜

付着:小指への独立した長い腱として指の橈側の上の腱拡大部を介し第5のゆびへ着く。

前腕にあるその起始から起こり、長い腱は手根部で伸筋支帯の下をくぐる。腱は2つの腱に分かれ、1つは第5のゆびへの指伸筋と合する。全部で3本の腱は次いで伸筋腱帽に合体し、腱帽は基節骨の背面を被う。

機能:第5のゆび(小指)のMP関節、IP関節とDIP関節の伸展

手関節の伸展(背屈)(副次的作用)

第5のゆびの外転(副次的作用)

神経支配:C7-C8橈骨神経(後骨間枝)

長母指屈筋

起始:橈骨(溝になった骨幹中部の前面)

骨間膜

尺骨(鈎状突起)、変異あり

上腕骨(内側上顆)、変異あり

付着:母指(末節骨の底、掌側面)

機能:母指のIP関節の屈曲

母指のMPおよびCMC関節の屈曲(副次的作用)

手関節の屈曲(副次的作用)

神経支配:C7-C8正中神経(前骨間枝)

 

短母指屈筋

2つの頭をもつ

起始:浅頭:屈筋支帯(遠位縁)、大菱形骨(結節)

深頭:小菱形骨、有頭骨、手根骨の遠位列の掌側靱帯

付着:母指(両頭:基節骨、橈骨側の底)

機能:母指のMP関節およびCMC関節の屈曲

母指の対立(補助的作用)

神経支配:浅頭:C8-T1正中神経(外側枝)

深頭:C8-T1尺骨神経(深枝)

 

長母指伸筋

起始:尺骨(骨幹中央の後外側面)

骨間膜

付着:母指(末節骨の底、背側)

機能:すべての関節で母指を伸展する

末節骨伸展(末梢骨のみ)

MPとCMC関節伸展(短母指伸筋および長母指外転筋とともに)

手関節の橈側屈曲(副次的作用)

神経支配:C7-C8橈骨神経(後骨間枝)

 

短母指伸筋

起始:橈骨(骨幹の後面)

骨間膜

付着:母指(基節骨底の背面)

長母指伸筋腱を介して末節骨に付着することも多い。

機能:母指のMP関節の伸展

母指の第1CMC(手根中手)関節の伸展と外転

手関節の橈側屈曲(副次的作用)

神経支配:C7-C8橈骨神経(後骨間枝)

 

長母指外転筋

起始:尺骨(骨幹の後面)

橈骨(骨幹の後面の中央1/3)

骨間膜

付着:第1中手骨(底の橈側)

大菱形骨

機能:母指の手根中手(CMC)関節での外転と伸展

CMC関節における母指の伸展(母指伸筋と共同して)

手根の橈側偏位(橈側屈)(補助的作用)

手関節の屈曲(作用は弱い)

神経支配:C7-C8橈骨神経(後骨間枝)

 

短母指外転筋

起始:屈筋支帯

舟状骨(結節)

大菱形骨(結節)

長母指外転筋腱

付着:母指(基節骨、底の橈側)

母指伸筋の背側拡大部

機能:CMC関節およびMC関節での外転(掌側面に対し90°をなす垂直面上で動く)

母指対立(補助的作用)

IP関節伸展(補助的作用)

神経支配:C8-T1正中神経

 

母指内転筋

2つの頭によリ起こる

起始:斜頭:有頭骨

第2と第3中手骨(底)

掌側手根靱帯

橈側手根屈筋の腱鞘

屈筋支帯(小さな筋索)

横頭部の腱と合一する

横頭:第3中手骨(掌側面の遠位2/3)

斜頭部ならびに第1掌側骨間筋と集合する

付着(両頭):母指(底,基節骨の尺側)

母指の伸筋支帯(その内側)

機能:母指のCMC関節の内転(母指を手掌に近づける)

MP関節の内転と屈曲(補助的作用)

神経支配:C8-T1尺骨神経(深枝)

 

母指対立筋

起始:大菱形骨(結節)

屈筋支帯

付着:第1中手骨(骨幹の橈〔外〕側の全長に沿って)

機能:手掌を横切ってCMC(手根中手)関節を内方に屈曲

CMC関節の外転

CMC関節の内旋

これらの運動が同時に起こり、母指対立と呼ばれる運動になる。その結果、母指は他のゆびのいずれの掌側面指腹とも接触し、つまむ動作が可能になる。

神経支配:C8-T1正中神経

C8-T1尺骨神経(終末枝)

 

小指対立筋

起始:有鈎骨(鈎、しばしば“フック”と呼ばれる)

屈筋支帯

付着:第5中手骨(尺側縁全長にわたり)

機能:小指の母指に対する対立(外転、屈曲および外旋、手掌のくぼみを深める)

神経支配:C8-T1尺骨神経(深枝)

 

虫様筋

起始:深指屈筋腱:第1虫様筋:示指(第2のゆび)単頭をもって掌側面、橈骨側より起こる

第2虫様筋:中(長)指(第3のゆび)掌側面、橈骨側より起こる

第3虫様筋:中指および環指(第3と第4のゆび)

深指屈筋の腱の相隣り合う側から2つの頭をもって起こる

第4虫様筋:環指および小指(第4と第5のゆび)、腱の隣り合う側から起こる

付着:指伸筋腱拡大部

各筋は末梢に向かい、それに相応する指の橈側にのびて背側腱拡大部に付着する.

第1虫様筋:示指(第2のゆび)へ

第2虫様筋:中(長)指(第3のゆび)へ

第3虫様筋:環指(第4のゆび)へ

第4虫様筋:小指(第5のゆび)へ

機能:第2から第5のゆびのMP関節(基節骨)を屈曲し、同時にPIPとDIP関節を伸展させる。

第5のゆびの対立(第4虫様筋)

神経支配:第1と第2虫様筋:C8-T1正中神経

第3と第4虫様筋:C8-T1尺骨神経

注:第3虫様筋は尺骨神経と正中神経の両方から支配を受けることがあり、またすべて正中神経だけに支配されることもありうる。

 

背側骨間筋

これらは4つの双羽状筋である

起始:各節はその筋が間に存在する中手骨の相隣る側から2つの頭を持って走る。

第1背側骨間筋(別名 示指外転筋):母指と示指の間

第2背側骨間筋:示指と中指の間

第3背側骨間筋:中指と環指の間

第4背側骨間筋:環指と小指の間

付着:すべて背側伸筋腱拡大部へ

基節骨(底)

第1背側骨間筋:示指(橈側)

第2背側骨間筋:中指(橈側)

第3背側骨間筋:中指(尺側)

第4背側骨間筋:環指(尺側)

機能:ゆびを外転し、中指の中心を通って引いた軸から離れさせるように動かす

MP関節でのゆびの屈曲(補助的作用)

IP関節でのゆびの伸展(補助的作用)

母指の内転(補助的作用)

神経支配:C8-T1尺骨神経(深枝)

 

掌側骨間筋

3つの掌側骨間筋がある(第4筋が記載されることもある)

起始:第2、第4、第5中手骨とこれらの筋は、中手骨の間というよりむしろ中手骨の掌側面に存在する。

第1掌側骨間筋:第2中手骨(尺側)

第2掌側骨間筋:第4中手骨(橈側)

第3掌側骨間筋:第5中手骨(橈側)

付着:すべて背側腱拡大部へ

基節骨

第1掌側骨間筋:示指(尺側)

第2掌側骨間筋:環指(橈側)

第3掌側骨間筋:小指(橈側)

機能:中指中心を通る軸方向へのゆび(示指、環指、小指)の内転

MP関節の屈曲(補助的作用)

IP関節の伸展(補助的作用)

第5のゆびの対立(第3骨間筋)

神経支配:C8-T1尺骨神経(深枝)

 

小指外転筋

起始:豆状骨(しばしば筋束を第5中手骨へ送る)

尺側手根屈筋腱、豆鈎靱帯

付着:第5のゆび(小指、基節骨底の尺側)

小指伸筋の背側腱拡大部

機能:第5のゆびを外転し、環指から離す。

第5のゆびの基節骨をMP関節で屈曲する。

第5のゆびの対立(補助的作用)。

神経支配:C8-T1尺骨神経(深枝)

 

短小指屈筋

起始:有鈎骨(鈎または“フック”)

屈筋支帯(小指外転筋とともに掌側面)

付着:第5のゆび(基節骨、小指外転筋とともに尺側の底へ)

機能:小指のMP関節での屈曲

第5のゆびの対立(補助的作用)

神経支配:C8-T1尺骨神経(深枝)

 

短掌筋

起始:屈筋支帯および手掌腱膜

付着:掌の尺側縁の皮膚(小指球隆起)

機能:手の尺側の皮膚を手掌の方に引き寄せる。

これにより、手のくぼみを深め小指球隆起の高さを高めると思われる。

恐らく握り動作を助ける。

神経支配:C8-T1尺骨神経(浅枝)

「前腕部と筋」の画像検索結果


スポンサード・リンク