スポンサード・リンク

(^◇^)脳梗塞と看護のQ&A

(;;◕ω◕;)💭question

脳梗塞の病態生理とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

脳梗塞とは、脳の血管が閉塞することによって酸素や栄養物の供給がとまり、灌流領域の脳組織が壊死に陥るものです。

大きく、脳血栓〔症〕と脳塞栓〔症〕の2つに分けられます。

脳血栓は、血管内に血栓が形成され、動脈が閉塞されることによって生じます。

血栓は、動脈硬化などを基盤として血管内壁にコレステロールや血のかたまりがたまり(この堆積物を粥腫〔アテローム〕という)、その上に血小板・フィブリン・赤血球・白血球などの血液成分が沈着し、凝塊を形成してしだいに大きくなり形成されます。

そのため血管の内腔は徐々に狭くなり、ついには閉塞します。

高血圧・糖尿病・高脂血症を有する患者では、このような変化がおこりやすいです。

頸部の動脈に壁内血栓が形成されて狭窄をきたしている場合などには、頸部を聴診すると雑音が聞かれることがあります。

それに対して脳塞栓は、血のかたまりなどが血流にのって流れていき、末梢の細くなった血管につまる(これを塞栓あるいは栓子という)結果、同様に血管の閉塞をもたらします。

このような血のかたまりは、動脈硬化をおこした血管の壁の粥腫に付着して生じることもあれば、不整脈の1つである心房細動をおこしている心房の中で生じることもあります(心臓でつくられるものを心原性の塞栓という)。

脳塞栓は夜間に発生することも多く、また徐々に症状が進行する場合が多いです。

それに対して脳塞栓は、昼間に突然発症することが多いです。

脳血栓は大別して、主幹動脈におきて大きな梗塞巣をきたすもの(アテローム血栓性脳梗塞)と、細い動脈におきて小梗塞を生じるもの(ラクナ梗塞)とがあるが、わが国では後者のようなラクナ梗塞が多いです。

 

(;;◕ω◕;)💭question

脳梗塞の症状とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

脳梗塞の症状は、梗塞をおこした脳の部位によって異なります。

脳血栓では、一般には大脳皮質よりも白質や内包など、脳の深部の領域に病変が生じることが多いです。

なかでも運動神経線維の通過する部位に梗塞がおきれば、病変部と反対側の上下肢もしくは顔面の麻痺(運動麻痺)がおきます(からだの半身におきる状態を片麻痺という)。

また構音器官を支配する運動神経の領域に梗塞がおきれば、ろれつがまわりにくくなる症状(構音障害)を示します。

感覚神経がおかされれば、反対の半身に感覚障害やしびれがおきます。

運動麻痺や感覚障害は、四肢の近位(体幹に近い部位)より遠位(体幹から遠い部位)におきやすい特徴があります。

一方、脳塞栓では大脳皮質にも病変が生じやすく、大脳皮質の障害による症状(皮質症状)が出現します。

たとえば、優位脳半球(多くの人では左半球)の言語野に病変が生じれば、聴覚器官や構音器官が保たれていても、ことばを理解したり話したりすることができない、失語症という状態となります。

そのうち、聴覚言語の理解を主としてつかさどっている側頭葉のウェルニッケ野が障害されれば、言語の理解がわるくなる感覚性失語症(ウェルニッケ失語)を、ことばの出力をつかさどっている前頭葉のブローカ野に障害がおきれば、他人の話していることばはよく理解できるものの自発語は出にくくなる運動性失語症(ブローカ失語)をきたします。

また、左半球の前頭葉や頭頂葉が障害されれば、指示された動作を言葉として理解することはできても、実際にどのようにしてやったらよいかがわからなくなる、失行という状態になります。

聴覚・視覚・触覚の連合野が障害されれば、音や視覚・触覚の情報がはいっても、それがなんであるかがわからない状態(失認)になります。

脳梗塞では、生じる部位によっては症状がはっきりしないこともあります。

たまたま無症状の人で、頭部のCTやMRIの検査を行ったときに脳梗塞が見つかることがあり、これを無症候性脳梗塞とよびます。

脳梗塞発症後は、梗塞部位の周囲に浮腫が生じます。

浮腫は脳梗塞発症後1~2週間で最も強くなり、脳梗塞自体は広がっていなくても、浮腫によって一時的に症状が悪化する場合があります。

高度の浮腫がおきた場合には、脳ヘルニアに進展する危険性もあります。

 

(;;◕ω◕;)💭question

脳梗塞の診断とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

上記のような症状を呈する患者が来院した場合は、神経学的診察を行ったうえ、頭部のCTやMRIによって病変を確認し、脳梗塞を診断します。

診断がくだされれば、基本的に入院となります。

病変部位の診断は、臨床症状のほかに頭部CT・MRIによって行います。

頭部CTでは病変部は低吸収域を呈するが、発症12~24時間後までは病変が明確でないことが多いです。

それに対して頭部MRIでは、病変は発症3~5時間後でははっきりしてきます。

最近では、拡散強調画像を用いることによって、きわめて早期の病変を描出することができるようになっています。

 

(;;◕ω◕;)💭question

脳梗塞の治療とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

脳梗塞の治療は、急性期の治療と慢性期の治療に分けられます。

急性期の治療は、脳血栓であるか脳塞栓であるかによって対応は異なるが、一般的には、浮腫を取り除く薬や抗トロンビン薬を投与します。

慢性期の脳梗塞の治療は、抗血小板薬の投与が主体になります。

血小板の機能を抑えることによって、血管内で血液が固まりにくくなるようにし、脳梗塞を予防します。

心原性の場合には、ワルファリンなどが用いられます。

また高血圧・糖尿病・脂質異常症(高脂血症)・不整脈などは脳梗塞の危険因子になるので、これらの基礎疾患の治療が脳梗塞の予防のうえで重要です。

 

(;;◕ω◕;)💭question

脳梗塞の看護とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

脳梗塞は、脳の動脈が血栓や塞栓によって狭窄または閉塞し、その灌流領域の脳組織が虚血から壊死にいたった状態です。

脳卒中は日本人における主要な死因の1つで、そのなかでも脳梗塞による死亡率は高いです。

発作直後からの急性期には、生命がきわめて危険な状態になります。

この時期には、バイタルサインと症状の変化に注意して観察を行っていきます。

その後、回復に向かった場合にも、再発作の予防への援助が必要です。

また脳梗塞患者には高齢者が多く、高血圧・糖尿病・高脂血症・心疾患などの基礎疾患を伴っていることも多いです。

そのため各臨床経過に即した看護に加えて、合併症の予防についても考慮し、退院後の生活がイメージできるように指導していくことが必要です。

スポンサード・リンク