スポンサード・リンク

( TДT)有痛性分裂膝蓋骨の話


「有痛性分裂膝蓋骨」の画像検索結果

(・_・;)題名:有痛性分裂膝蓋骨の話

膝蓋骨は通常1個の骨化核から生じるが、ときに2個以上の骨化核があり癒合が妨げられると、X腺像で2個または数個に分裂した膝蓋骨を認めることがある。

クラブ活動などでスポーツを続けている10歳台の男女に多くみられが、ときに成人にもみられる。

症状としては走行やジャンプ時に膝前面に疼痛を訴えるが、膝くずれはない。

X線画像では大腿四頭筋の外側広筋の付着部である膝蓋骨の外上方に分裂骨片を認める例が最も多い。

多くは分裂部に症状はなく治療の必要もないが、過度のスポーツ活動で分裂部に牽引力が反復して作用した場合には疼痛をきたすことがある。

治療としては、スポーツ制限、膝蓋骨サポーターなどを使用し保存療法を原則とするが、疼痛が強い場合には分裂骨片を摘出したり、骨癒合の手術を行う。

予後は良好である。

膝蓋骨は膝関節前面を骨性に保護するとともに、膝伸展機構のなかで大腿四頭筋が最もよく作動するよう役割をはたしている。

大腿骨と膝蓋骨から形成される膝蓋大腿関節は、一種の平面関節である。

膝蓋骨は膝完全伸展位までの最後の30°で運動軸から離れていく四頭筋腱を保持するように作用して、膝の伸展効率を高めている。

この滑車の役割をする膝蓋骨が、正しい軌道上を安定した状態で滑走しなければ、Q角の異常を呈して、大腿四頭筋の筋力低下と同じように、膝くずれ現象が起こる。

 

膝蓋骨は膝関節前面を骨性に保護するとともに、膝伸展機構のなかで大腿四頭筋が最もよく作動するよう役割をはたしている。

大腿骨と膝蓋骨から形成される膝蓋大腿靭帯は、一種の平面関節である。膝蓋骨は膝完全伸展位までの細大30°で運動軸から離れていく四頭筋腱を保持するように作用して、膝の伸展効率を高めている。

この滑車の役割をする膝蓋骨が、正しい軌道上を安定した状態で滑走しなければ、Q角の異常を呈して、大腿四頭筋の筋力低下と同じように、膝くずれの現象がおこる。

「有痛性分裂膝蓋骨」の画像検索結果

(・.・;)参考文献

医療学習レポート.有痛性分裂膝蓋骨


スポンサード・リンク