スポンサード・リンク

(/▽\)結核患者と家庭訪問の話


「結核患者と家庭訪問」の画像検索結果

(#^.^#)題名:結核患者と家庭訪問の話

地域によって家庭訪問の実施状況に著しい格差が見られることから、特に初回訪問については可能な限り早期に、患者本人に対して行うことが必要であるとしている。

結核患者の治療、特に外来治療に当たる医療機関において患者が規則的に受診をしているか否かについて密接な連絡体制を設け、患者の受診が不規則になったら速やかに適切な指導を行い、必要かつ適切と思われる場合にはDOT体制(毎日通院による服薬指導)なども医療機関と協議の上で導入することを検討すべきであるとしている。

また、保健師等の人員の確保が十分でなかったり、結核病床の統廃合により入院先の病院が遠隔になる事例も見られることから、患者との直接の接触を図る上で、保健所内の体制整備や保健所間の連携が重要である。

 

健康管理に必要な指導

(1)入院中の治療に対する反応、生活行動様式、健康に関する価値観・信念、今後の生活に向けての意向、家族あるいはキーパーソンとの相互関係、社会資源の活用に関する知識の質と量、今後の治療計画に対する反応などを観察し、アセスメントする。

(2)予防のために必要な確実な服薬、規則正しい食事、十分な栄養、十分な睡眠、精神的なストレスの回避についての理解度を確認する。

(3)退院後の服薬に関して他者の援助が必要となる場合の、適任者について検討する。

(4)社会復帰計画についてアセスメントする。

(5)退院後の生活環境を整える方法を患者及びキーパーソンとともに検討し、確認する。

(6)受診方法、再発の徴候について説明し、定期的な受診行動の必要性を指導する。

(7)感染予防について説明する。

「結核患者と家庭訪問」の画像検索結果

( 一一)参考文献

医療学習レポート.結核患者と家庭訪問


スポンサード・リンク