スポンサード・リンク

(/。\)学習と転移の話


「学習と転移」の画像検索結果

(^0_0^)題名:学習と転移の話

学習の転移とは、以前に行った学習が後に行う学習に影響を及ぼすことであり、前の学習が後の学習を促進するときに“正の転移(positive transfer)”、妨害するときに“負の転移(negative transfer)”という。

影響のないこともある(zero transfer)ソフトボールを行っていたことが、野球でボールを投げたり捕ったりするには正の転移を、バッティングには負の転移をもたらす。

身体の片側で行った運動学習が対側に転移することは、しばしば経験される(両側性転移)。

これは交差教育として古くから知られているが、手から手だけでなく、手から足への転移もある。

 

転移の理由として

運動の流出:中枢から片側への運動指令が対側にも影響する。

運動プログラム:片側の学習で獲得した運動プログラムが対側の運動でも利用できる。

認知学習:運動学習の過程では、初期の認知期が重要であり、この時期の学習が対側に 影響する。

がある。

 

その条件として

前の学習と後の学習との類似性

運動間隔

前の学習の学習率

などがある。

とても勉強になりました。

「学習と転移」の画像検索結果

(^_-)参考文献

医療学習レポート.学習と転移


スポンサード・リンク