スポンサード・リンク

(/_;)/作為体験の話


(`・ω・´)題名:作為体験の話

作為体験とは『させられ体験』とも言い、シュナイダーが提言した。

自我意識のうちの、能動性意識が障害された状態であり、自分が能動的に何かをしている、何かを考えているという自然な能動性の意識が障害されて、他人に何かをさせられている、何かを考えさせられていると感じられるものである。作為体験は精神分裂病の典型的にみられる。

させられ体験とは、自分の思考、感情の動き、行動などが『他人に~させられている』と感じる病的体験で、『自分が~している』という能動性の意識の障害である。

作為行為には、

①思考(考想)奪取

自分の考えが誰かに抜き取られる

②思考(考想)吹込

他人の考えが吹き込まれる

③思考干渉

自分の考えが他人から干渉される

④思考伝播

自分の考えが他人に伝わる

⑤思考察知

自分の考えが他人に見抜かれてしまう

 

(ToT)参考文献

実習対策レポート.作為体験


スポンサード・リンク