スポンサード・リンク

(/_;)/大動脈弁狭窄症の話


(ー_ー)!!題名:大動脈弁狭窄症の話

大動脈弁狭窄症(AS)は大動脈弁の変性・癒着により弁口の狭窄を起こし、弁が十分に開かなくなるために種々の症状が起こる疾患である。

大部分がリウマチ性であるが、高齢者では動脈硬化によるものもある。

多くの症例で大動脈閉鎖不全症や僧坊弁膜症を合併する。

弁膜狭窄による抵抗があり、それに打ち勝つために左心室圧上昇と心伯出量の減少がその病態であり、左心室の圧負荷によって左心室筋が肥大する。

この状態が長時間続くと左心室不全の徴候が現れる。

 

大動脈弁狭窄があっても無症状のことが多く、狭窄の程度が進み心臓の余力がなくなって初めて様々な症状が出るようになります。

無症状で発見される場合としては、健康診断の心電図を契機として発見されたり、心臓以外の手術の術前検査で発見される場合などがあります。

代表的な症状としては、体を動かした時に胸の痛みを感じる狭心症、突然意識を失ってしまう失神、体動時の息苦しさや両足のむくみなどの心不全症状などがあります。

こうした症状が出現した場合には、その後の経過は非常に急速で、数年以内に命を落とすことも多いとされており、早急な対応が必要です。

また突然死を起こすこともあり、慎重な経過観察と適切なタイミングでの治療介入が重要です。

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.大動脈弁狭窄症


スポンサード・リンク