スポンサード・リンク

(;´_ゝ`)黄疸の話


(´;ω;`)題名:黄疸の話

黄疸は血中にビリルビンが過剰に蓄積し、皮膚・粘膜・眼球結膜に沈着して黄染する現象である。

肉眼的に黄疸が認められるようになるのは血中ビリルビン値が約3mg/dl以上に達してからである。

黄疸が認められることは、血清ビリルビンが上昇し、ビリルビン代謝の異常が存在するという情報だけであって、その機序は疾患によって異なるので、これだけで原疾患の診断の情報とはならない。

肝不全に伴う黄疸は肝機能障害のみならず、溶血・感染・多臓器不全など、様々な要因が関与する。

ビリルビンの直接化(抱合化)過程が障害されるため、血中間接ビリルビンが増加するのが特徴である。

(*゚∀゚*)参考文献

実習対策レポート.黄疸


スポンサード・リンク