スポンサード・リンク

( ;∀;)大腿部と筋の話


「大腿部と筋」の画像検索結果

腸骨筋

起始:腸骨(腸骨窩の上方2/3)

腸骨稜(内唇)

前仙腸靱帯と腸腰靱帯

仙骨(外側)

付着:大腿骨(大腰筋の腱付着部を介して小転子へ、さらに小転子より下の大腿骨幹)

機能:股関節屈曲

大腿骨に対し骨盤を屈曲する

神経支配:L2-L3大腿神経

 

大腰筋

起始:L1-L5脊椎(横突起、下縁)

T12-L5脊椎椎体および椎間板(5つの枝分かれにより)

腰椎椎体間を横切る腱性アーチ

付着:大腿骨(小転子)

機能:起始部が固定されていれば股関節を屈曲する

付着部が固定されていれば体幹を屈曲する(起き上がり動作)(これら2つの機能は腸骨筋と共同で起こすものである)

股関節外旋(側方回旋)

腰椎の屈曲(両側の筋により)

腰椎の同側への側屈(一側の筋の働き)

神経支配:L2-L4(腰神経叢)脊髄神経(前枝)L1同上

 

小腰筋

起始:T12-L1脊椎椎体(側面)および両椎の間の椎間板

付着:恥骨櫛(すなわち恥骨筋線)

腸骨(骨盤内面の腸恥隆起と分界線〔恥骨筋線〕)

腸骨筋膜

機能:体幹と腰椎の屈曲(両側筋の働き、作用としては弱い)

神経支配:L1脊髄神経

 

恥骨筋

起始:恥骨櫛(腸恥隆起と恥骨結節の間)

前方の筋膜

付着:大腿骨(骨幹:小転子より大腿粗線までの線に沿う)

機能:股関節内転

股関節屈曲(副次的作用)

神経支配:L2-L3大腿神経

L3副閉鎖神経(存在するときには)

 

短内転筋

起始:恥骨(下枝および体、外面部)

付着:大腿骨(腱膜を介し、小転子より大腿粗線の内唇の近位1/3までに沿う)

機能:股関節内転

股関節屈曲

神経支配:L2-L3またはL4閉鎖神経(後枝)

 

長内転筋

起始:恥骨(恥骨稜が恥骨結合と合う角の前面)

付着:大腿骨(腱膜により大腿骨粗線の内側唇の中央1/3に)

機能:股関節内転

股関節屈曲(副次的作用)

股関節回旋(大腿の肢位如何による)

股関節外旋(股関節が伸展している場合;副次的作用)

神経支配:L2またはL3-L4閉鎖神経(前枝)

 

薄筋

起始:恥骨(結合に近い下枝へ腱膜を介し)

坐骨枝

付着:脛骨(脛骨顆より下の脛骨体の内側面)

鵞足

下腿の深部筋膜

機能:股関節内転

膝関節屈曲

膝関節の内旋(副次的作用)

神経支配:L2-L3閉鎖神経(前枝)

 

大内転筋

起始:恥骨(下枝)

坐骨(下枝ならびに坐骨結節の下外方部分)

付着:大腿骨(腱膜を介して大腿粗線と内側顆上線全体に着く。丸い腱を介して内側顆の上の内転筋結節につく。丸い腱は線維性延長部により内側顆上線につく)

機能:股関節内転

股関節伸展(下部線維)

股関節屈曲(上部線維,作用は弱い)

股関節回旋に対する大内転筋の役割は大腿の肢位に左右される

神経支配:上部と中部線維:L2-L4閉鎖神経

(後枝)

下部線維:L2-L4坐骨神経(脛骨神経部分)

 

大腿筋膜張筋

起始:腸骨(腸骨稜、外唇の前方部分、上前腸骨棘〔ASIS〕)

大腿筋膜(深部面)

付着:腸脛靱帯(両層)

機能:股関節屈曲

股関節内旋

膝関節が30°以上屈曲された位置に来ると膝関節屈曲作用を持つ(実証なし)

外旋位で膝伸展(実証なし)

膝関節外旋(補助的作用)(実証なし)

神経支配:L4-S1上殿神経(下枝)

 

大腿二頭筋

起始:長頭:坐骨(結節、下内側部で半腱様筋の腱と一緒に起こる)

仙結節靱帯

短頭:大腿骨(粗線、外唇の全長にわたり;外側顆上筋線)

外側筋間中隔

付着:長頭の遠位の腱膜。短頭はこの腱膜の深部面に付着し「外側膝屈筋腱」を形成する。

腓骨(頭、外側膝屈筋腱の主要部分を介して外側部へ)。

脛骨(外側膝屈筋腱からの板を介して外顆へ)。

下腿外側の筋膜。

機能:膝関節屈曲(短頭だけが純粋な膝関節屈筋である)

膝関節外旋

股関節伸展と外旋(長頭の作用)

神経支配:長頭:L5-S2坐骨神経(脛骨神経束)

短頭:L5-S2坐骨神経(総腓骨神経束)

 

半腱様筋

起始:坐骨(結節、下内側)、大腿二頭筋(長頭)と腱を共有する腱膜

付着:脛骨(骨幹近位内側面)、下腿深部筋膜、鵞足

機能:膝関節屈曲

膝関節内旋

股関節伸展

股関節内旋(副次的作用)

神経支配:L5-S2坐骨神経(脛骨神経束)

 

半膜様筋

起始:坐骨(結節、上外側面)

近位腱は大腿二頭筋および半腱様筋からの線維とともに複合腱をつくる

付着:脛骨(内顆にある結節)、膝関節の斜膝窩靱帯

筋の遠位部の腱膜が付着部の腱をつくる

機能:膝関節屈曲

膝関節内旋

股関節伸展

股関節内旋(副次的作用)

神経支配:L5-S2坐骨神経(脛骨神経部分)

 

縫工筋

起始:腸骨(上前腸骨棘〔ASIS〕;およびその下のくぼみ)

付着:脛骨(脛骨顆の遠位の骨幹の近位内側面)

腱膜,膝関節包

機能:股関節外旋、外転および屈曲

膝関節屈曲

膝関節内旋

「縫工坐位(tailor sitting)」をするときに助ける

神経支配:L2-L3大腿神経(通常2本の枝を受ける)

 

大腿直筋

起始:2個の腱をもって起こるが、これらの腱は合体し、腱膜をつくり、その腱膜から筋線維が起こる:

腸骨(下前腸骨棘)

股関節臼(後縁の上の溝と臼唇の上縁)

股関節包

付着:膝蓋骨(底、腱膜が次第に細く腱になり、その腱が大腿四頭筋腱の中心になるように入り込む。それから膝蓋靱帯となり、終局的な付着部である脛骨粗面に付着する)

 

外側広筋

起始:大腿骨(粗線、外側唇、大転子、前および後縁、近位転子間線、殿筋粗面)

外側筋間中隔

付着:膝蓋骨、筋の深部面を被う下層の腱膜に付着するが、その腱膜は幅狭くなって大腿四頭筋腱の外側縁に付着する。外側には腱の拡大部があり、膝関節の関節包および腸脛靱帯と混じり合っている。

大腿四頭筋腱は膝蓋靱帯に合し、脛骨粗面に付着する。

 

中間広筋

起始:大腿骨(骨幹の上方2/3の前面と外側面)

外側筋間中隔(下部)

付着:膝蓋骨(底:筋の前面の腱膜となり、それが大腿四頭筋の深層の中央につく。次で膝蓋腱になり、脛骨粗面につく)

 

長内側広筋

起始:大腿骨(転子間線の下方半分;粗線の内側唇の近位部分)

長内転筋ならびに大内転筋の腱

内側筋間中隔

付着:膝蓋骨、腱膜を介して大腿四頭筋の上内縁につき、そこから膝蓋腱に入り脛骨粗面に付着する

 

斜内側広筋

起始:大腿骨(粗線内側唇の遠位部分;内側顆上線の近位部分)

大内転筋腱

内側筋間中隔

付着:膝蓋骨:大腿四頭筋腱内側および膝蓋骨の内側縁に沿って付着する

拡大腱膜部は膝関節の関節包へ

膝蓋腱を介し、脛骨粗面へ

機能(全筋頭に関し):膝関節の伸展(どの筋頭も独立して単独に働くことはない)

股関節屈曲(大腿直筋による。この筋だけは股関節をまたいでいるからである)

神経支配(全筋頭に関し):L2-L4大腿神経

 

膝関節筋

起始:大腿骨(骨幹、下部前面)

付着:膝関節(滑膜上方部分)

機能:膝関節伸展時に滑膜が関節腔内に出ているのを引っ込め、滑膜が膝蓋骨と大腿骨の間にはさみ込まれないようにする目的を持つようである。

神経支配:L2-L4大腿神経

「大腿部と筋」の画像検索結果


スポンサード・リンク