スポンサード・リンク

(;・∀・)肺線維症の話


(  ;∀;)題名:肺線維症の話

拘束性肺疾患であり、間質性肺炎が遷延する過程で肺胞壁がびまん性線維増殖をきたし、乾性咳嗽、労作時呼吸困難を主徴とする疾患である。

間質性肺炎に引き続き亜急性または慢性的に線維化が発生するか、間質性肺炎の時期が明確でなく非常に慢性的に肺線維症にいたる。

肺の炎症は、気腔を主たる炎症の場とする肺炎(肺胞性肝炎)と、肺胞上皮を含む肺胞壁を主たる炎症の場にする肺臓炎(間質性肺炎)に大別されている。

臨床上とくに重要なのは間質性で、肺胞壁・細気管支周囲などに線維性結合組織の増殖がみられ、その結果として、呼吸不全が問題とされる。

肺炎、間質性肺炎、結核、珪肺その他のじん(塵)肺症の際にみられる瘢痕性肉芽腫などから肺線維症に移行する。

初期症状としては、息切れがする、動いたときに息苦しくなる、発熱、から咳がでる、体がだるい、体重が減るなどの症状が現れるが、このうち呼吸困難、から咳、発熱等の風邪様症状は比較的多くみられる、皮疹を伴うことがある。

(゚∀゚)参考文献

実習対策レポート.肺線維症


スポンサード・リンク