スポンサード・リンク

\(^^)/4月11日木曜日の日記

(^o^)/meal(^o^)/

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳とおにぎり食べました。

昼ごはんは、吉野家の牛丼大盛とポテトサラダを食べました。

晩ごはんは、鶏肉とうどんの鍋を食べました。

 

(ToT)event(ToT)

今日も赤ちゃんの鳴き声で目を覚ましました。

最近、4時から6時によく泣きます。

そろそろ、睡眠不足が影響ありです。

今日は、非常勤の仕事であるが、早めに着替えて、1階リビングで睡眠不足を癒します。

朝食を終えてマッタリしていると、妻や子供も起きてきました。

朝から漫画を見て、出勤時間まで休んでいると、子供が幼稚園の制服に着替えてきました。

改めてみるとかわいいです。

子供が出発し、私も仕事へ出発しました。

仕事を終えると、久しぶりに吉野家へ行きました。

すき家の牛丼よりあっさりしていますね。

帰宅すると、子供と公園へ遊びに行きました。

修理した三輪車で目一杯遊んでいました。

帰りにマクドナルドでドラえもんのハッピーセットを買ってあげると、スーパーマリオシリーズに変わっていました。

当たったのは、マリオではなくピーチ姫です。

子供は戸惑いながら遊んでいました。

家に帰り、子供チャレンジをしたり一緒にテレビを見たりしてマッタリ過ごしました。

最後に子供は歯磨きをせずに寝たので、歯磨きに苦労しました。

 

(^ー^)health(^ー^)

睡眠不足が徐々に体を蝕んでいます。

 

(^-^)study(^-^)

今日は、猩紅熱について勉強しよう。

A群溶血性レンサ球菌(溶連菌)が飛沫感染して口蓋扁桃を侵し毒素を出すため、咽頭痛・高熱・発疹を主症状とする小児に多い伝染病です。

昔は悪性の病型があったので、現在も法定伝染病の一つです。

抗生物質療法が普及してからは症状は3~4日で消え見かけ上は治ったようになるので、近年は猩紅熱という診断名を避け(この病名をつけると保健所に届け隔離治療を受けねばならないため)溶連菌感染症という法的な規制を受けない病名で在宅治療を行う傾向が生じました。

治療薬としては、溶連菌に有効なペニシリンなどの抗生物質を内服して、抗菌薬を飲むと2~3日で熱が下がりますが、腎炎や心内膜炎などの発生を予防するために、10~14日間は、抗菌薬を飲むことが大切です。

家庭での看護は、高熱のときは、氷枕などで頭を冷やし、安静にすることが大切であり、症状が治まった後も、血尿やむくみなど(腎炎の症状)、関節の腫れや発疹など(リウマチ熱の症状)がないか、注意深く観察するようにします。

溶連菌感染症は、せきやくしゃみなどから飛沫感染しますので、兄弟姉妹の発病を防ぐために、濃厚接触を避け、うがい手洗いをします。

 

(^_^)/count(^_^)/

日記23日目です。

スポンサード・リンク