スポンサード・リンク

(^0^)不明熱と看護計画の話


(^J^)題名:不明熱と看護計画の話

 不明熱とは、いろいろ検査し治療を行なっても原因が不明で2週間以上あるいは入院後1週間以上高熱が続くことをいう。小児の体温は成人よりやや高く、日内変動も1.0℃程度と成人の0.5℃より大きい。したがって、小児では通常37.5℃以上を発熱と考える。原因の3分の1は感染症であり、感染症の熱は38℃以上でも1週間以上続くことはまれである。その他の原因としては、非定型例、抗生物質の不適合などが占める。つまり、悪性リンパ腫や神経芽細胞腫などの悪性腫瘍、SLEやJRAなどの膠原病、薬剤の副反応などである。年長児では心身症も原因の一つとなる。

 小児は新陳代謝が盛んで運動も活発であるので、体温は成人よりも高い。また成人と比べて体温は不安定で、外界の影響を容易にうけ、変動しやすい。特に新生児には著明である。そのため、発熱による体力の消耗を最小にし、原因の究明に努める必要がある。

●症状

 発熱に伴い、以下のような随伴症状が見られる。

1.代謝の亢進

熱感、発汗、顔面紅潮、倦怠感、悪寒、戦慄など

2.循環器系の変化

心拍数・脈拍数の増加、心悸亢進、血圧低下など

3.呼吸器系の変化

呼吸数の増加、咳嗽、チアノーゼなど

4.消化器系の変化

消化機能の低下、食欲不振、悪心、嘔吐、便秘、下痢など

5.水分出納の変化

脱水、口渇、皮膚・粘膜の乾燥、尿量の減少など

6.中枢神経機能障害

頭痛、眩暈、痙攣、意識レベルの低下、など

7.その他

白血球数の増加、疼痛、発疹など

●検査

 血液一般検査、血液生化学検査、培養検査、胸腹部X線、必要時CT、MRI、核医学検査、骨髄検査など

●治療

 原因・誘因は極めて多様であり、多くの疾患において主要症状の一つとなる。原因疾患に対する治療と同時に、解熱剤や抗生物質などの薬物療法、輸液などが主に行われる。

●経過と管理

 感染症の場合、病原菌の追求が第一である。白血球数、CRP、血沈などの検査を行い、原因の評価、免疫状態の検討をすすめる。抗生物質は適合すると考えられるものを続けるが、3日間投与し解熱傾向が無ければ、3日間休薬する。休薬することで動脈血培養陽性率も高まり、薬物中毒の熱なら解熱することが期待される。解熱剤の乱用は、熱型を乱して診断を妨げ、また急な解熱によりショックを引き起こす可能性がある。さらに、熱を上下させることで、体力の消耗を増やすこととなる。解熱剤は、心疾患や熱性けいれんの既往歴、またその可能性がある場合、食事や睡眠がとれなくなる等の場合には適切に使用し、まずは原因検索をすすめていく中で発熱による体力の消耗が最小となるように援助していく必要がある。

●看護計画

 発熱はエネルギーの消耗が大きいばかりでなく、それ自体が心身に激しい苦痛をもたらすため、苦痛の緩和に努める必要がある。発熱により熱性痙攣などを合併することが多いため、そのことにも留意する必要がある。また、小児の発熱は、感染症に基づく場合が多いため、原因が明確となるまでは適切な感染予防が必要である。原因不明ということにより不安は大きく、さらに原因検索のためにあらゆる検査が行われるなど、患児や家族共に精神的ストレスも大きいため、精神的サポートもまた重要である。

(。・_・)ノ参考文献

医療学習レポート.不明熱と看護計画


スポンサード・リンク